東京大学史料編纂所

HOME > 編纂・研究・公開 > 共同研究 > これまでに実施された特定共同研究・一般共同研究の研究課題 > 研究成果:ヴァチカン図書館所蔵マリオ・マレガ氏蒐集史料の総合的研究

【海外史料領域】在外日本関係史料の研究資源化

研究課題 ヴァチカン図書館所蔵マリオ・マレガ氏蒐集史料の総合的研究
研究期間 2016~2018年度
研究経費
(2016年度)200万円
(2017年度)200万円
研究組織  
研究代表者 松井洋子
所内共同研究者 松澤克行・佐藤孝之・杉森玲子・岡美穂子・岡本 真
所外共同研究員 大津祐司(大分県立先哲史料館)・大友一雄(国文学研究資料館)・大橋幸泰(早稲田大学)・岡村一幸(臼杵市教育委員会)・久留島浩(国立歴史民俗博物館)・佐藤晃洋(大分県教育庁)・清水有子(明治大学)・シルヴィオ・ヴィータ(京都外国語大学)・村井早苗(日本女子大学)
研究の概要
  • 2017年度
  • 2016年度
【2017年度】
(1)課題の概要
ヴァチカン図書館には、戦前・戦後を通じて日本に滞在したマリオ・マレガ氏(1902-1978、イタリア人のサレジオ会所属司祭)が蒐集した、豊後地方のキリシタン関係史料(以下マレガ文書)約一万点余りが、未整理のまま所蔵されていた。2013年度に、人間文化研究機構(主幹:国文学研究資料館アーカイブズ系)が日本側代表機関となり、ヴァチカン図書館と協力して、同文書群の整理・撮影・目録化プロジェクト(以下マレガ・プロジェクト)が開始され、史料編纂所も日本側連携機関の一つとして参画している。本共同研究では、プロジェクトに関わる研究者、地元大分の研究者、藩政史・キリシタン史等の専門家が共同し、マレガ氏自身により刊行された『豊後切支丹史料』(正・続)所収史料の再検討を足掛かりに、同氏の蒐集活動、蒐集史料と現地残存史料との関係等に着目しつつ、史料群全体についての総合的研究を進める。

(2)研究の成果
マレガ・プロジェクトによる概要調査は袋A1からA21まで終了した。ヴァチカン図書館側から新たに提供されたA22~A23、サレジオ大学所蔵マレガ文書及びマレガ氏個人関係文書等についても概要調査を進めた。成果は先哲史料館における展示にも生かされている。
A1からA10までの一点毎目録の作成を行ない、各袋をファイル単位とする概要記述を作成した(報告書参照)。これにより、ファイルごとの文書の性格が明らかになった。
A1及びA2の一点毎目録をもとに、マレガ氏刊行の『豊後切支丹史料』(正・続)の原文書及びその同梱文書の全体を総覧することで、マレガ氏による史料集編纂の過程や史料の取捨選択の状況、多くの協力者の具体的関わり等について、新たな知見を得ることができた。
大分地域に残る史料の調査により、マレガ文書では蒐集の対象とならなかった同地域の地方史料について、比較検討の材料を得ることができた。
共同研究という形をとることで、人間文化研究機構・大分県立先哲史料館・臼杵市教育委員会等の機関と連携して大規模な調査、シンポジウム等を行なうことが可能となっている。