東京大学史料編纂所

特定共同研究【複合史料領域】合戦の記憶をめぐる総合的研究

研究課題 戦国合戦図の総合的研究
研究期間 2016~2018年度
研究経費
(2016年度)130万円
(2017年度)120万円
研究組織  
研究代表者 金子 拓
所内共同研究者 藤原重雄・黒嶋敏・畑山周平・及川亘・林晃弘・村岡ゆかり
所外共同研究員 阿部哲人(米沢市上杉博物館)・井上泰至(防衛大学校)・薄田大輔(徳川美術館)・川戸貴史(千葉経済大学)・白水正(犬山城白帝文庫歴史文化館)・須藤茂樹(四国大学)・高橋修(茨城大学)・髙山英朗(福岡市博物館)・谷口央(首都大学東京)・津田卓子(名古屋市博物館)・原史彦(徳川美術館)・阪野智啓(愛知県立芸術大学)・堀新(共立女子大学)・柳沢昌紀(中京大学)・山田貴司(熊本県立美術館)・湯浅大司(新城市設楽原歴史資料館)
研究の概要
  • 2017年度
  • 2016年度
【2017年度】
(1)課題の概要
中近世武家社会において作成されたさまざまな「合戦図」について、屏風絵あるいは合戦地図、そのほか主として武家文書群などに含まれるいくさにかかわる画像史料を広く収集・検討し、それぞれの描かれ方や諸本の系統、そこに描かれた内容などを研究する。それぞれの「合戦図」の典拠となる情報(軍記・家伝など)を追究し、これらがいかなる理由で作成されたのか、(近世)武家社会における「戦国合戦」に対する歴史認識、また武家社会においてこれら「合戦図」が作成された歴史的意義について明らかにする。またたとえば屏風絵(合戦図屏風)や合戦地図を比較検討することにより、これらが相互に関係していたのかどうかなど、個々のジャンルの「合戦図」の史料的性格を可能なかぎり明らかにする。

(2)研究の成果
史料編纂所をはじめ、白石市・東北大学付属図書館・徳川美術館・岐阜市歴史博物館・茨城県立歴史館・松浦史料博物館などにおいて、合戦図および関連文献史料を調査し、合戦図の調査にとどまらず、戦国合戦図およびそれらが描かれる基礎史料となっている文書・記録類の情報を収集することにより、戦国合戦図を分析するうえでの情報蓄積を行っているが、これらは継続して積み上げてゆくことで最終的な成果に結びつくと考えている。
今年度の成果としては、関ヶ原合戦をめぐる所外・所内共同研究参加者それぞれの研究における知見の一部が、所外共同研究員井上泰至氏の編集にかかる『関ヶ原はいかに語られたか いくさをめぐる記憶と言説』に公表された。
また、東北大学付属図書館狩野文庫所蔵の、長篠の戦いの合戦図「長篠合戦之図」は、武田氏旧臣小幡氏の流れを引く軍学者小幡景憲の弟子杉山氏に伝えられてきたものであり、そのなかに書き込まれた覚書に、後年合戦の参加者たちが語ったとされる記事を見いだした。
松浦史料博物館においては、平戸藩松浦家における成瀬家所蔵屏風の模写制作に関わる成瀬正寿書状を調査した。この成果は今後文章化して発表する予定である。