東京大学史料編纂所

HOME > 編纂・研究・公開 > 共同研究 > これまでに実施された特定共同研究・一般共同研究の研究課題 > 研究成果:史料編纂所所蔵維新関係貴重史料の研究資源化

特定共同研究【近世史料領域】近世大名家史料の研究資源化

研究課題 史料編纂所所蔵維新関係貴重史料の研究資源化
研究期間 2018~2019年度
研究経費
(2018年度)97万円
研究組織  
研究代表者 小野 将
所内共同研究者 横山伊徳・保谷 徹・杉本史子・箱石 大
所外共同研究員 岸本 覚(鳥取大学)・麓 慎一(新潟大学)・谷本晃久(北海道大学)・白石 烈(宮内庁書陵部)・梁 媛淋(武蔵野学院大学)・吉岡誠也(佐賀大学)
研究の概要
  • 2018年度
【2018年度】
(1)課題の概要
本所が所蔵する維新関係貴重史料群は、質量ともに国内有数のコレクションでありながら、一部を除き充分な史料学的調査・研究が行われていない(デジタルアーカイヴ化も未着手)。本研究では、対象史料群のうち維新史料引継本(約2万冊、戦前期の維新史料編纂会が収集した史料群)・外務省引継書類(約3千冊、政府外務省から移管された江戸幕府の外国方関係史料)・史談会本(約2千冊、旧華族諸家が複製収集した幕末維新史料群)、また、国宝島津家文書や島津家本の中でも、幕末維新関係史料を対象として、当該の時期でそれぞれの地域を専門とする共同研究者を募集し、厳密な史料学的検討を加え、史料群の記述内容を確認して解説目録の作成に着手する。明治維新への社会的関心をも見据えて、本研究の成果を公開し、来たるべきデジタルアーカイヴ化に向けて、基礎的作業を実施する。

(2)研究の成果
初年度として、2度の研究集会を開催した。まず6月にはスタートアップの研究会を開催し、白石研究員による報告「宮内省臨時帝室編修局と文部省維新編纂会の史料相互貸借」を得た(本報告の成果については、原稿化して公表する予定である)。
今年度の史料調査および研究の成果は、3月開催の研究集会において、各研究員からの報告により共有することができた。この集会での報告内容は、次の通りである。
  • 谷本晃久「維新史料引継本のなかの北方史料瞥見」
  • 岸本覚「鳥取藩士安達清風史料群について―『日記』を中心に」
  • 白石烈「今年度の作業状況報告」
  • 麓慎一「琉蘭条約の締結について」
  • 梁媛淋「『旧名古屋藩鳥井家文書』について」
その他、吉岡研究員(ペーパー提出)、所員の横山・杉本からも史料調査報告を得た。
上記の通り、維新史料引継本のような大規模史料群については、様々な専門的見地を持ち寄ったうえで、多様な視角から検討してゆくことがなおも重要であろう。引き続き共同研究のメリットを活かし、様々な知見をあわせて総合的に考察し、史料学的な検証を深めることがもとめられるものと言える。