東京大学史料編纂所

HOME > ご案内 > 所長挨拶

所長挨拶

ごあいさつ

保谷 徹 / Toru Hoya

保谷 徹
ほうや とおる

 東京大学史料編纂所は、古代から明治維新期にいたる前近代の日本史史料を研究する研究所です。国内外に所在する史料の調査・収集と分析をおこない、これを日本史の基幹史料集として編纂・公開しています。

 研究所の歴史は古く、その淵源は江戸時代の和学講談所までさかのぼります。この事業を継承しつつ、1869(明治2)年に明治政府の修史事業がはじまりますが、ここから数えても約150年の歴史があります。研究所の前身組織はその後帝国大学に移管され、日本史史料の編纂と研究というスタイルが整いました。戦後は東京大学の附置研究所として現在にいたります。1901年以来、『大日本史料』・『大日本古文書』などの基幹史料集1100冊以上を刊行してきました。

 史料編纂所の調査対象は、国内のみならず海外にも及んでいます。在外日本関係史料の調査は戦前期からはじまり、戦後は日本学士院をはじめとする国際的支援のもとでおこなってきました。1997年には、絵図・地図・古写真などヴィジュアルな史料を研究対象に加え、画像史料解析センターを開設して20周年を迎えました。また、研究所は1980年代からコンピュータ導入につとめ、各種のデータベースを作成して公開するとともに、所蔵する史料画像のウェブ公開もおこなってきました。2006年には前近代日本史情報国際センターを設け、国内外の新たな日本史史料の発掘と研究資源化を目指し、歴史情報学研究を推進しています。

 史料編纂所の史料収集は、複製による収集が基本です。影写・模写・写真撮影などによってこれまで膨大な複製史料が蓄積されてきました。近年の写真撮影デジタル化にともない、研究所では新たにデジタル撮影をベースとした史料採訪の仕組みを確立し、またこれまでに収集・蓄積した膨大な史料画像を図書閲覧室でデジタルアーカイヴ公開(Hi-CAT Plus)するようになりました。一方、長い歴史のなかで、研究所には多くの原本史料も所蔵されています。国宝島津家文書をはじめ、所蔵する貴重な原本史料20万点については、必要な保存措置をはかるとともに、順次その史料画像をウェブ公開するよう努めています。

 このように研究所は、基幹史料集の編纂・刊行によって前近代日本史研究の基礎を支えるとともに、蓄積した史料情報や研究の成果を幅広く学界・市民に提供・発信する努力を重ねてきました。史料編纂所の研究者は、個人および各種のプロジェクトによる共同研究など、多様な研究活動に従事し、また、大学での学部・大学院教育に参画して、PDや若手・外国人研究者の受け入れを通じ、国際的に通用する日本史研究者の育成にも貢献しています。史料保存に関わる技術職員がその専門性を活かして共同研究プロジェクトに参加する機会も増えており、技術部、図書部、さらに事務部が連携してかかる研究体制を支えています。

 2009年、研究所は「日本史史料の研究資源化に関する研究拠点」に認定されました。国内外に所在する日本史史料を対象に共同調査・共同研究をすすめ、その成果を研究資源化して共同利用に供しており、全国の博物館や地方自治体などからも多くのご参加を得ています。史料編纂所の調査研究事業は幅広く国際的な展開をみせ、欧米・ロシアのみならず中国・韓国など、多様な国々との研究交流や連携を深めてきました。近年は日中韓3か国による東アジア史料研究編纂機関協議会の幹事機関をつとめ、国際的な史料学研究をリードしています。

 東京大学史料編纂所は、長期的なスパンで国内外の日本史史料の組織的・系統的な収集・蓄積をおこなうとともに、最新の歴史情報システムやデジタル技術をいち早く取り入れ、研究事業への活用をはかってきました。日々進化する伝統と最新の技術で史料研究の最前線を担う日本史の研究所です。

 みなさまの一層のご理解とご支援をお願い申し上げます。