東京大学史料編纂所

HOME > 史料の利用 > お知らせ

史料の探し方

・図書(含:版木本)・雑誌→東京大学OPAC

史料編纂所 全学

・編纂所所蔵の貴重書・写本・写真帳等→所蔵史料目録データベース
データベース検索から「所蔵史料目録データベース」を選んでください。


お知らせ

【所外の方へ】閲覧利用の再開について(2020.7.28)

長期間の臨時閉室により皆様にご不便・ご迷惑をおかけし誠に申し訳ございませんでした。史料編纂所図書室は2020年7月29日(水)より、完全予約制により閲覧利用を再開いたします。⇒詳しくはこちら

【学内の方へ】「MyOPAC」によるコピー取寄サービスの再開および史料画像プリント臨時サービスの試行実施について(2020.6.16)

臨時閉室中ですが、東京大学附属図書館の「MyOPAC」によるコピー取寄サービスは再開しております。⇒詳しくはこちら

【学外の方へ】NACSIS-ILLシステムによるコピー取寄サービスの再開について(2020.6.16)

臨時閉室中ですが、NACSIS-ILLシステムによるコピー取寄サービスは再開しております。⇒詳しくはこちら

重要なお知らせ:耐震改修工事に伴う図書室利用方法の変更について(2018.8.3)(2019.7.1更新, 2019.10.25更新)

2019年11月より、ご来室は事前予約制となります。→「重要なお知らせ」のページをご参照ください。

閲覧証票について(2019.3.26)

本所閲覧証票は新年度切り替えとなります。年度ごとに新たに閲覧証票発行の手続きをお願いいたします。※古い閲覧証票をお持ちになっても自動更新はいたしませんのでご注意ください。
※2019年度4月より以下のように変更になります。詳しくは閲覧証票発行の手続きのページをご参照ください。
 ◆学内者の方は、2019年4月より、本学の身分証が閲覧証票の代わりとなります。必ず本学の教職員証・学生証をお持ちください。
 ◆国公私立大学(大学共同利用機関法人・高等専門学校を含む)の所属者、および学振特別研究員の方は、2019年4月より、閲覧証票発行手続きに必要な書類が「所属機関発行の身分証」となります(身分証が発行されない方は、従来通り所属大学図書館発行の紹介状(公印押印)をお持ちください。)