東京大学史料編纂所

特定共同研究【中世史料領域】中世大規模・広域史料群の研究資源化

研究課題 賀茂別雷神社文書の調査・研究
研究期間 2018~2021年度
研究経費
(2018年度)117万円
研究組織  
研究代表者 金子 拓
所内共同研究者 久留島典子・遠藤基郎・遠藤珠紀・川本慎自・林 晃弘・高橋敏子
所外共同研究員 宇野日出生(京都市歴史資料館)・大山喬平(京都大学名誉教授)・加瀬直弥(國學院大学)・五島邦治(京都造形芸術大学)・三光寺由実子(和歌山大学)・志賀節子(関西大学)・須磨千頴(南山大学名誉教授)・大東敬明(國學院大学)・辰田芳雄(兵庫教育大学)・谷徹也(京都大学)・中川 学(東北大学)・野田泰三(京都橘大学)・藤田恒春(賀茂別雷神社史料編纂会)・三枝暁子(東京大学)・横井靖仁(関西大学)
研究の概要
  • 2018年度
【2018年度】
(1)課題の概要
これまで史料編纂所では、賀茂別雷神社文書について継続的な調査・撮影をおこない、画像やデータの蓄積とその公開を進めてきた。賀茂別雷神社文書(京都府賀茂別雷神社所蔵)は、近年の京都府による調査で約14000点に整理されたが、史料編纂所ではこのうち約3150点(16370コマ)のデジタル化を終えている。
同社文書については、文明8年(1476)の賀茂一社争乱といわれる祠官と氏人との争い以前のものは少なく、これ以後、江戸初期の寛文5年(1665)頃までの文書を非常に多く残している。本研究においては、この期間の文書約8000点のうち、中世を中心に調査・撮影をさらに継続し、デジタル化・データベースからの公開(研究資源化)を進めるとともに、これらを用いた賀茂別雷神社、同社の文書、および同社の神事、組織、所領について、また、同社の文書を用いた中近世の政治史、文化史などの研究をおこなう。

(2)研究の成果
2度の研究会を通じ、この特定共同研究において史料編纂所が進めるべき史料の研究資源化とその活用について情報共有を図るとともに、各所内研究担当者・共同研究員の交流を通し、賀茂別雷神社文書に対するそれぞれの研究関心を共有することになったため、研究遂行のうえで有益な情報交換がなされた。本共同研究は中世分野であるが、神社に厖大に所蔵される近世史料のなかから中世に関係する記事が知られることも多いため、近世史分野の研究者の参加、近世史料の調査も有効であることが、この共同研究を通じてより鮮明となった。
第2回の研究会では、辰田芳雄氏の報告によって、『賀茂別雷神社文書目録』に記載されていた発給者・発給年月日データの修正がおこなわれ、中世における賀茂別雷神社領の支配のあり方について一端が明らかになった。また山本宗尚氏の報告によって、史料編纂所架蔵影写本『鳥居大路文書』所収の蹴鞠関係記録が紹介され、戦国期の賀茂氏人と朝廷蹴鞠についての理解が深められた。