藤原 重雄 (FUJIWARA,Shigeo) Web Site   <更新履歴> 最終更新2016年8月
ご案内

『大日本史料』第三編(最新冊二十九、2014年9月刊)は、東京大学出版会より販売しております。

〇藤原『史料としての猫絵』(日本史リブレット79、山川出版社、2014年5月)〔図版リンク集〕 〔補遺・訂正〕 〔展示情報〕

〇佐野みどり・加須屋誠・藤原編『中世絵画のマトリックス』U(青簡舎、2014年2月) 〔目次〕
〇佐野みどり・新川哲雄・藤原編『中世絵画のマトリックス』青簡舎、2010年9月) 〔目次〕

ご来場御礼
・林原美術館 「すみいろ―古筆・宸翰・大名の書―」 2016年4月12日〜5月15日 〔チラシ〕〔プレスリリース〕
・大和文華館「中世の人と美術」 2015年8月21日〜10月4日  〔『中院一品記』展示替予定PDF〕 〔本部広報〕 〔図録正誤表〕
・京都文化博物館「京を描く―洛中洛外図の時代―」 2015年3月1日〜4月12日
・ヌーシャテル民族誌博物館(Musee d'ethnographie Neuchatel)「Imagine Japan  日本を想う」2014年6月20日〜2015年4月19日 〔展示風景〕
  ※日瑞通商150年記念関連展示:横浜開港資料館「スイス使節団が見た幕末の日本 カスパー・ブレンワルド日記を中心に」 2014年7月16日〜10月19日にても、ヌーシャテル民族誌博物館所蔵の古写真が展示されました。
・東京農工大学科学博物館シャルドンネギャラリー展示「絹に描く―透かしの効果―」 2014年11月5日〜22日 〔チラシ〕
・三井記念美術館「東山御物の美―足利将軍家の至宝―」 2014年10月4日〜11月24日 〔本部広報〕
・サントリー美術館「徒然草―美術で楽しむ古典文学―」 2014年6月11日〜7月21日 〔本部広報〕
・東京大学史料編纂所第36回史料展覧会「東アジアと日本・世界と日本」 2013年11月8・9日 〔チラシ〕 〔図録〕 〔新収史料の部:略解題〕
・奈良国立博物館「おん祭と春日信仰の美術」 2012年12月8日〜2013年1月20日 〔出陳一覧〕
・サントリー美術館「お伽草子―この国は物語にあふれている―」 2012年9月〜11月   〔プレスリリース〕 〔出陳目録〕 〔学内広報〕 〔同PDF〕
・下関市立美術館「特別展 赤間神宮宝物展―源平合戦と赤間神宮―」 2012年4月〜5月 Internet Museum紹介  図録(全108頁、2000円)
・奈良国立博物館「おん祭と春日信仰の美術」 2011年12月〜2012年1月 チラシ 出陳目録 学内広報 図録(全80頁、1500円)
・「洛中洛外図屏風に描かれた世界」群馬県立歴史博物館(2011年3月〜4月)、米沢市上杉博物館(2011年10月〜11月)、林原美術館(2012年3月〜4月) 図録(全136頁、1000円)
・町田市立国際版画美術館「救いのほとけ―観音と地蔵の美術―」 2010年10月〜11月 〔チラシ掲載ブログ〕 図録(全200頁、2500円)
・島根県立古代出雲歴史博物館「神々のすがた〜古代から水木しげるまで〜」 2010年10月〜11月 図録(全130頁、1050円)
・東京大学教養学部美術博物館「王朝貴族の装束展」 2005年5月〜6月
  同時刊行『東京大学教養学部美術博物館資料集2−有職装束類−』(2005年5月)※画像史料解析センターまで御連絡下さい。
・東京国立博物館と共催「時を超えて語るもの−史料と美術の名宝−」 2001年12月〜02年1月 Internet Museum紹介 図録はコミュニケーションセンターにて。
・中世掛幅縁起絵研究会 シンポジウム&展示「中世説話画研究の現在−模写・トレース・復元−」(2009年12月8〜12日)
・一般共同研究「『覚禅鈔』諸本の調査研究」による公開研究会(2010年12月10日〔PDF〕、2011年1月22日〔PDF〕
ワークショップ「中世の信仰と造形V」(科研基盤A「大画面説話画の総合研究」2011年7月18日)
「お伽草子絵巻」ミニシンポジウム(科研基盤A「大画面説話画の総合研究」2012年10月23日)
・シンポジウム "Frames and Framings in a transdisciplinary perspective ―枠、枠組みの文化論―"(科研基盤B「中近世絵画における古典の変成と再結晶化」ほか、2015年3月7・8日) 〔プログラムPDF〕
説話文学会 例会シンポジウム「女院と尼僧の信仰の軌跡―根津美術館蔵「春日若宮大般若経」をめぐって―」(2015年9月27日、根津美術館)〔チラシPDF〕 〔趣旨文PDF〕
シンポジウム "Frames and Framings in a transdisciplinary perspective II:フレームの超域文化学II 世界認識と古典知"(科研基盤B「中近世絵画における古典の変成と再結晶化」、2016年7月31日・8月1日、学習院大学) 〔プログラムPDF〕

『遥かなる中世』(最新号:第21号、2006年11月)ご入手は、
ハガキにて中世史研究会(〒113-0033 文京区本郷7-3-1 東京大学文学部 日本史学研究室気付)までお申し込みください。

〇黒田日出男先生退官記念誌刊行会編『黒山に龍はいた−開発史から絵画史料論まで−』(2004年3月)につきましては、
書面などで藤原宛にお問い合わせください。ご購入は日本史史料研究会にても扱っております。


「東京で展覧会カタログを探すには」 (図録・カタログを所蔵する図書室のリンク集)


<編纂関係>  『大日本史料』第三編担当

  『大日本史料』第三編(保安二年分)編纂メモ (試験公開)

<個人・共同研究関係>  研究テーマ 〇中世文化史・社会史 〇絵画史料論

  既発表論文等目録

  史料採訪ノート (準備中)

  「たまものまへ」プロジェクト(試作版) リンク集 デジタル奈良絵本

  出講

<文献目録 Bibliography>

  目次 (2013年6月現在、計11タイトル)


※リンクは原則フリーです。学術論文における引用と同等に考え、ご一報には及びません。ただし、編・著について権利は留保しています。

東京大学史料編纂所古代史料部