編纂・研究・公開

共同利用・共同研究拠点の活動について

東京大学史料編纂所 共同利用・共同研究拠点による2022(令和4)年度共同研究員・共同研究課題の募集は終了しました。詳しくはこちらをご覧ください。

東京大学史料編纂所は、前近代を中心とする多くの日本史史料を収集し、影写本や写真帳の形で、また、『大日本史料』や『大日本古文書』などの史料集の編纂・刊行を通じて、さらに近年ではさまざまなデータベースを開発することによって、これらを研究資源として多くの研究者の利用に供してきました。 こうした基盤のもとに、本所は2009年6月、文部科学大臣より「日本史史料の研究資源化に関する研究拠点」として認定され、2010年度より活動を開始いたしました。

この拠点は、研究資源とその利用手段のさらなる充実による日本史研究の発展を願う研究者コミュニティの要望にこたえるべく、これまでに蓄積してきた研究資源をもとに、国内外に存在する日本関係史料について、多くの研究者と連携して共同調査・共同研究をおこない、全体的・系統的な研究資源の蓄積と共同利用を促進し、史料学研究・日本史研究の質の向上を目指すことを目的とするものです。

特定共同研究の共同研究員・一般共同研究の課題については、毎年公募を行ない、東京大学史料編纂所協議会の審議を経て、採択決定します。共同研究のご希望をお持ちの研究者は、ぜひご検討ください。

これまでに実施された特定共同研究・一般共同研究の研究課題とその成果については、こちらをご覧ください。

2022年度の拠点の事業として、東京大学史料編纂所協議会の審議に基づき、以下の共同研究を採択決定し、活動を開始しました。

2022年度特定共同研究課題一覧

古代史料・中世史料・近世史料・海外史料・複合史料の各領域について、本所で設定した共同研究の柱および研究課題のもとに、所外から公募した共同研究員とともに研究を進めるものです。

【領域】 テーマ 研究期間 所内共同研究者 所外共同研究員(所属) 所要経費
【古代史料領域】 奈良平安時代の大規模写経群形成に関する史料学研究 ―小川八幡神社大般若経を核として― 2022~2023年度
(2年間)
稲田奈津子
(代表者)
山口英男・田島 公・尾上陽介・遠藤基郎・藤原重雄・新井重行・堀川康史・黒須友里江・小塩 慶
川尻秋生(早稲田大学)・坂本亮太(和歌山県立博物館)・杉本一樹(宮内庁)・竹中康彦(和歌山県立博物館)・西本昌弘(関西大学)・野尻 忠(奈良国立博物館)・本郷真紹(立命館大学)
180万円
【中世史料領域】 賀茂別雷神社文書・社家文書の調査・研究 2022~2024年度
(3年間)
金子 拓
(代表者)
遠藤基郎・遠藤珠紀・川本慎自・林 晃弘・石津裕之・木下竜馬
伊藤真昭(京都西山短期大学)・宇野日出生(同志社大学)・大山喬平・加藤直弥(國學院大學)・久留島典子(神奈川大学)・五島邦治(京都芸術大学)・志賀節子・高橋敏子・竹田和夫(新潟大学)・辰田芳雄(就実大学)・谷 徹也(立命館大学)・谷口 央(東京都立大学)・中川 学(東北大学)・野田泰三(京都橘大学)・藤田恒春(賀茂別雷神社)・三枝暁子(東京大学人文社会系研究科)・山本宗尚(宇宙航空研究開発機構)・橫井靖仁(関西大学)
155万円
【近世史料領域】 史料編纂所所蔵維新関係貴重史料の研究資源化 2022~2022年度
(1年間)
小野将
(代表者)
杉本史子・箱石 大・水上たかね・立石 了
岸本 覚(鳥取大学)・白石 烈(宮内庁書陵部)・谷本晃久(北海道大学)・福岡万里子(国立歴史民俗博物館)・福元啓介(尚古集成館)・麓 慎一(佛教大学)
120.5万円
【海外史料領域】 本所所蔵在外日本関係史料の多角的利用のための翻訳研究 2022~2025年度
(4年間)
松方冬子
(代表者)
岡 美穂子・大東敬典
大野晃嗣(東北大学)・久礼克季(川村学園女子大学)・イザベル田中ファンダーレン・冨田 暁(岡山大学)・中砂明徳(京都大学)・野澤丈二(帝京大学)・フォスティーヌ・ペイセレ・真下裕之(神戸大学)・森田 由紀
200万円
【複合史料領域】 荘園絵図調査方法論の高度化と調査関連情報の学術資源化に関する研究 2022~2024年度
(3年間)
井上 聡
(代表者)
榎原雅治・藤原重雄・黒嶋 敏・小瀬玄士・畑山周平・中村 覚・海上貴彦
海野 聡(東京大学工学系研究科)・大邑潤三(東京大学地震研究所)・坂本亮太(和歌山県立博物館)・清水 亮(埼玉大学)・高田祐一(奈良文化財研究所)・髙橋 傑(慶應義塾普通部)・田中水萌(神戸大学)・額田雅裕(和歌山市立博物館)・守田逸人(香川大学)
180万円
合計 835.5万円

2022年度一般共同研究課題一覧

所外の研究者(1名あるいは数名のグループ)から、共同研究の課題を公募し、本所の研究者と協力して研究を進めるものです。

No. 課題名 共同研究員
(○は研究代表者)
所内共同研究者
(○は所内担当者)
所要経費(円)
1 松尾大社所蔵史料の研究資源化 ○角田朋彦(駒澤大学)
野村朋弘(京都芸術大学)
佐々木創(共立女子短期大学)
坪井 剛(佛教大学)
西山 剛(京都文化博物館)
○畑山周平
山田太造
高島晶彦
500,000
2 東大寺文書の近世・近代 ○森 哲也(九州大学)
坂東俊彦(東大寺史研究所)
三輪眞嗣(神奈川県立金沢文庫)
○遠藤基郎
500,000
3 香川県下所在の中世史料の調査と史料学的研究 ○守田逸人(香川大学)
橋詰 茂(元徳島文理大学)
田中健二(香川大学名誉教授)
○井上 聡
500,000
4 中近世古文書の料紙に関する総合的科学研究 ○貫井裕恵(神奈川県立金沢文庫)
天野真志(国立歴史民俗博物館)
小倉慈司(国立歴史民俗博物館)
富田正弘(富山大学)
長村祥知(富山大学)
野村朋弘(京都芸術大学)
柳原敏昭(東北大学)
高橋 修(茨城大学)
大山 恒(茂木町教育委員会)
名和知彦(陽明文庫)
阿部哲人(米沢市上杉博物館)
○山田太造
尾上陽介
小瀬玄士
渋谷綾子
高島晶彦
500,000
5 国宝菅浦文書と関連史料の伝来形態と料紙に関する研究 ○宇佐見隆之(滋賀大学)
青柳周一(滋賀大学)
水野章二(滋賀県立大学名誉教授)
大河内勇介(福井県立歴史博物館)
○末柄 豊
井上 聡
渋谷綾子
高島晶彦
村岡ゆかり
500,000
6 九州所在中世対外交通関係史料の調査・研究 ○榎本 渉(国際日本文化研究センター)
藤田励夫(文化庁)
佐藤健治(文化庁)
岡村一幸(文化庁)
宮田直樹(文化庁)
○小瀬玄士
500,000
7 高野山子院伝来資料の分野横断的研究―金剛三昧院・西南院を中心に― ○坂口太郎(高野山大学)
大河内智之(奈良大学)
木本誠二(高野町教育委員会)
桐田貴史(石水博物館)
小林雄一(京都先端科学大学)
鈴木智大(奈良文化財研究所)
高橋悠介(慶應義塾大学)
土居夏樹(高野山大学)
花田卓司(帝塚山大学)
藤本孝一(龍谷大学)
山本みなみ(鎌倉歴史文化交流館)
○渡邉正男
高橋慎一朗
500,000
8 多可町杉原紙研究所所蔵寿岳文章和紙コレクションと近世和紙との比較研究 ○安平勝利(多可町教育委員会那珂ふれあい館)
湯山賢一(神奈川県立金沢文庫)
大川昭典(前近代日本料紙研究者)
地主智彦(文化庁)
本多俊彦(金沢学院大学)
富田正弘(富山大学名誉教授)
○山家浩樹
高島晶彦
500,000
9 大和国宇智郡所在寺院史料の研究資源化-金石文を中心に- ○下村周太郎(早稲田大学)
高木徳郎(早稲田大学)
佐藤亜聖(滋賀県立大学)
山崎竜洋(五條市教育委員会員)
上椙英之(奈良文化財研究所)
大久保治(元興寺文化財研究所)
服部光真(元興寺文化財研究所)
○菊地大樹
尾上陽介
木下竜馬
500,000
10 史料編纂所所蔵明清中国公文書関係史料の比較研究 ○渡辺美季(東京大学総合文化研究科)
荒木和憲(九州大学)
辻 大和(横浜国立大学)
○須田牧子
黒嶋 敏
岡本 真
500,000
11 日本史用語グロッサリーの再構築にむけて ○Nadia Kanagawa(ファーマン大学)
Matthieu Felt(フロリダ大学)
Paula Curtis(カリフォルニア大学)
佐藤雄基(立教大学)
山口えり(広島市立大学)
黄 霄龍(日本学術振興会)
○堀川康史
遠藤基郎
菊地大樹
西田友広
小塩 慶
500,000
12 未撮影史料を中心とする陽明文庫の調査・研究 ○藤井讓治(京都大学名誉教授)
名和知彦(陽明文庫)
○遠藤珠紀
尾上陽介
500,000
13 蒐集デジタル画像を活用した「魚魯愚鈔」の情報資源化と除目研究の基盤形成 ○志村佳名子(信州大学)
○田島 公
尾上陽介
500,000
14 史料編纂所所蔵謄写本「児玉韞採集文書」の研究資源化にむけた調査・研究 ○堀本一繁(福岡市博物館)
佐藤祐花(福岡市博物館)
○木下竜馬
井上 聡
500,000
15 「中井家文書」を中心とする建築関連史料の高度資源化と活用 ○海野 聡(東京大学工学系研究科)
清水重敦(京都工芸繊維大学)
角田真弓(東京大学工学系研究科)
登谷伸宏(京都工芸繊維大学)
岸 泰子(京都府立大学)
加藤悠希(九州大学)
小柏典華(芝浦工業大学)
○新井重行
田島 公
500,000
16 愛知県津島市西光寺所蔵地蔵菩薩立像(水落地蔵)胎内納入品の基礎的研究―諸国勧進地蔵菩薩印仏を中心に― ○川尻秋生(早稲田大学)
鈴木景二(富山大学)
○小塩 慶
田島 公
藤原重雄
堀川康史
500,000
17 明智光秀旧臣山崎家伝来文書の基礎的研究 ○萩原大輔(富山市郷土博物館)
長村祥知(富山大学)
塩崎久代(石川県近世史料編さん室)
佐藤 圭(越前市史編さん委員会)
○林 晃弘
畑山周平
500,000
18 吉野修験関係史料の調査 ○服部光真(元興寺文化財研究所)
坂本亮太(和歌山県立博物館)
松田 度(大淀町教育委員会)
三宅徹誠(元興寺文化財研究所)
○榎原雅治
堀川康史
谷 昭佳
高島晶彦
500,000
19 ポサドニック号事件関係史料の研究 ○塩谷哲史(筑波大学)
辻 大和(横浜国立大学)
木村可奈子(滋賀県立大学)
丸山大輝(長崎県対馬歴史研究センター)
○松方冬子
500,000
20 兵庫県内外所在播磨国人史料の調査・研究 ○前田 徹(兵庫県立歴史博物館)
山本隆一朗(鳥取県立博物館)
前原茂雄(真庭市蒜山郷土博物館)
○村井祐樹
畑山周平
500,000
合計 10,000,000

これまでに実施された特定共同研究・一般共同研究の活動

これまでに実施された特定共同研究・一般共同研究の研究課題とその成果については、 こちらをご覧ください。