編纂・研究・公開

共同利用・共同研究拠点の活動について

東京大学史料編纂所 共同利用・共同研究拠点による2022(令和4)年度共同研究員・共同研究課題の募集を開始しました。詳しくはこちらをご覧ください。なお、令和4年度の共同利用・共同研究拠点認定の最終結果が得られていませんので、未確定の要素があることを申し添えます。

東京大学史料編纂所は、前近代を中心とする多くの日本史史料を収集し、影写本や写真帳の形で、また、『大日本史料』や『大日本古文書』などの史料集の編纂・刊行を通じて、さらに近年ではさまざまなデータベースを開発することによって、これらを研究資源として多くの研究者の利用に供してきました。 こうした基盤のもとに、本所は2009年6月、文部科学大臣より「日本史史料の研究資源化に関する研究拠点」として認定され、2010年度より活動を開始いたしました。

この拠点は、研究資源とその利用手段のさらなる充実による日本史研究の発展を願う研究者コミュニティの要望にこたえるべく、これまでに蓄積してきた研究資源をもとに、国内外に存在する日本関係史料について、多くの研究者と連携して共同調査・共同研究をおこない、全体的・系統的な研究資源の蓄積と共同利用を促進し、史料学研究・日本史研究の質の向上を目指すことを目的とするものです。

特定共同研究の共同研究員・一般共同研究の課題については、毎年公募を行ない、東京大学史料編纂所協議会の審議を経て、採択決定します。共同研究のご希望をお持ちの研究者は、ぜひご検討ください。

これまでに実施された特定共同研究・一般共同研究の研究課題とその成果については、こちらをご覧ください。

2021年度の拠点の事業として、東京大学史料編纂所協議会の審議に基づき、以下の共同研究を採択決定し、活動を開始しました。

2021年度特定共同研究課題一覧

古代史料・中世史料・近世史料・海外史料・複合史料の各領域について、本所で設定した共同研究の柱および研究課題のもとに、所外から公募した共同研究員とともに研究を進めるものです。

【領域】 テーマ 研究期間 所内共同研究者 所外共同研究員(所属) 所要経費
【古代史料領域】 小川八幡神社大般若経の文化資源化研究 2019~2021年度
(3年間)
山口英男
(代表者)
田島公・尾上陽介・遠藤基郎・伴瀬明美・藤原重雄・稲田奈津子・堀川康史・黒須友里江
大橋直義(和歌山大学)・坂本亮太(和歌山県立博物館)・竹中康彦(和歌山県立博物館)・傳田伊史(長野市立長野高校)・西本昌弘(関西大学)・福島正樹(信州大学)・本郷真紹(立命館大学)・矢越葉子(明治大学)・李乃琦(日本学術振興会外国人特別研究員) 210万円
【中世史料領域】 賀茂別雷神社文書の調査・研究 2018~2021年度
(4年間)
金子拓
(代表者)
石津裕之・遠藤珠紀・遠藤基郎・川本慎自・久留島典子・高橋敏子・林晃弘
伊藤真昭・宇野日出生(京都市歴史資料館)・大山喬平(京都大学名誉教授)・加瀬直弥(國學院大学)・五島邦治(京都芸術大学)・三光寺由実子(和歌山大学)・志賀節子(賀茂別雷神社史料編纂委員会)・須磨千頴(南山大学名誉教授)・大東敬明(國學院大学)・竹田和夫(新潟大学)・辰田芳雄(就実大学)・谷徹也(立命館大学)・中川学(東北大学)・野田泰三(京都橘大学)・藤田恒春(賀茂別雷神社史料編纂委員会)・三枝暁子(東京大学)・山本宗尚(一般財団法人リモート・センシング技術センター)・横井靖仁(関西大学) 155万円
【近世史料領域】 史料編纂所所蔵維新関係貴重史料の研究資源化 2020~2021年度
(2年間)
小野将
(代表者)
保谷徹・杉本史子・箱石大・水上たかね・立石了
麓慎一(佛教大学)・岸本覚(鳥取大学)・谷本晃久(北海道大学)・白石烈(宮内庁書陵部)・梁媛淋(武蔵野学院大学)・福元啓介(尚古集成館) 115万円
【海外史料領域】 モンスーン文書・イエズス会日本書翰・VOC文書・EIC文書の分野横断的研究 2019~2021年度
(3年間)
松方冬子
(代表者)
岡美穂子・岡本真・大東敬典・水上たかね
大久保健晴(慶応義塾大学)・川西孝男(関西学院大学)・久礼克季(川村学園女子大学)・イサベル・田中・ファンダーレン・冨田暁(岡山大学)・中砂明徳(京都大学)・鍋本由徳(日本大学)・野澤丈二(帝京大学)・橋本武久(京都産業大学)・真下裕之(神戸大学) 346万円
【複合史料領域】 東アジアの合戦図の比較研究 2019~2021年度
(3年間)
須田牧子
(代表者)
藤原重雄・金子拓・黒嶋敏・畑山周平・及川亘・林晃弘・岡本真
板倉聖哲(東京大学)・井上泰至(防衛大学校)・鹿毛敏夫(名古屋学院大学)・高橋修(茨城大学)・高山英朗(福岡市博物館)・中尾道子(東京大学)・堀新(共立女子大学)・山崎岳(奈良大学)・山田貴司(福岡大学)・遊佐徹(岡山大学) 90万円
合計 916万円

2021年度一般共同研究課題一覧

所外の研究者(1名あるいは数名のグループ)から、共同研究の課題を公募し、本所の研究者と協力して研究を進めるものです。

No. 課題名 共同研究員
(○は研究代表者)
所内共同研究者
(○は所内担当者)
所要経費(円)
1 幕末維新期における民衆生活の改変と信心の歴史的転回に関する調査・研究 ○奈倉哲三(跡見学園女子大学名誉教授)
小田真裕(船橋市郷土資料館学芸員)
児玉憲治(千葉県文書館会計年度任用職員)
千葉茉耶(野村胡堂あらえびす記念館学芸員)
齋藤悦正(本郷中学校・高等学校教諭)
芹口真結子(岐阜大学助教)
清水有子(明治大学准教授)
○石津裕之
杉本史子
箱石 大
350,000
2 和歌山平野を中心とした地域所在中世史料の調査・研究 ○坂本亮太(和歌山県立博物館主査学芸員)
小橋勇介(和歌山市立博物館学芸員)
砂川佳子(和歌山県立文書館文書専門員)
○村井祐樹
末柄 豊
小瀬玄士
400,000
3 中世大和国宇智郡関連史料の研究資源化-栄山寺を中心に- ○下村周太郎(早稲田大学准教授)
高木徳郎(早稲田大学教授)
佐藤亜聖(元興寺文化財研究所総括研究員)
山崎竜洋(五條市教育委員会文化財課学芸員)
○菊地大樹
尾上陽介
木下竜馬
500,000
4 承久の乱関係史料の基礎的研究 ○長村祥知(京都府京都文化博物館学芸員)
梅沢 恵(神奈川県立金沢文庫主任学芸員)
小倉嘉夫(大阪青山歴史文学博物館主任学芸員)
西谷 功(泉涌寺宝物館心照殿学芸員)
貫井裕恵(神奈川県立金沢文庫学芸員)
山岡 瞳(京都府立大学共同研究員)
渡邊浩貴(神奈川県立歴史博物館 学芸員)
○木下竜馬
藤原重雄
堀川康史
500,000
5 松尾大社所蔵史料の研究資源化 ○角田朋彦(駒澤大学非常勤講師)
佐々木創(京都芸術大学非常勤講師)
坪井 剛(佛教大学准教授)
西山 剛(京都文化博物館学芸員)
野村朋弘(京都芸術大学准教授)
○畑山周平
山田太造
高島晶彦
500,000
6 九州所在中世禅宗関係史料の調査・研究 ○榎本渉(国際日本文化研究センター准教授)
藤田励夫(文化庁主任文化財調査官)
佐藤健治(文化庁文化財調査官)
岡村一幸(文化庁文化財調査官)
○小瀬玄士
川本慎自
500,000
7 中世におけるトカラ・奄美・琉球関係史料の学際的研究 ○村木二郎(国立歴史民俗博物館准教授)
荒木和憲(国立歴史民俗博物館准教授)
田中大喜(国立歴史民俗博物館准教授)
鈴木康之(県立広島大学教授)
池谷初恵(伊豆の国市教育委員会文化財調査員)
○黒嶋敏
500,000
8 静嘉堂所蔵古写経群の研究資源化 ○浦木賢治(静嘉堂文庫美術館学芸員)
吉田恵理(静嘉堂文庫美術館学芸員)
市川理恵(駒沢女子大学兼任講師)
○稲田奈津子
山口英男
500,000
9 東大寺文書の近世・近代 ○森 哲也(九州大学専門研究員)
坂東俊彦(東大寺史研究所・研究員)
三輪眞嗣(神奈川県立金沢文庫・学芸員)
○遠藤基郎
500,000
10 中・近世畿内寺院史料の調査・研究と研究資源化―大和元興寺および和泉池辺家史料を中心とする― ○服部光真(元興寺文化財研究所研究員)
阿部泰郎(龍谷大学特任教授)
三宅徹誠(元興寺文化財研究所嘱託研究員)
森下 徹(和泉市教育委員会文化財遺産活用課課長)
○藤原重雄
遠藤基郎
500,000
11 修理の知見を踏まえた中世真言密教聖教・紙背文書の史料学的分析―灌頂記を中心に― ○三輪眞嗣(神奈川県立金沢文庫学芸員)
稲穂将士(京都府立丹後郷土資料館技師)
○堀川康史
藤原重雄
500,000
12 香川県下所在の中世史料の調査と史料学的研究 ○守田逸人(香川大学教育学部准教授)
橋詰茂(徳島文理大学元教授)
田中健二(香川大学名誉教授)
○井上聡
500,000
13 菅浦現地伝来史料の作成時期と料紙に関する研究 ○青柳周一(滋賀大学教授)
宇佐見隆之(滋賀大学教授)
大河内勇介(福井県立歴史博物館主査)
○末柄豊
井上聡
高島晶彦
500,000
14 中近世古文書の多面的分析にもとづく料紙の歴史的変遷の研究 ○天野真志(国立歴史民俗博物館特任准教授)
小倉慈司(国立歴史民俗博物館准教授)
富田正弘(富山大学名誉教授)
野村朋弘(京都芸術大学准教授)
柳原敏昭(東北大学教授)
高橋 修(茨城大学教授)
名和知彦(陽明文庫事務長)
貫井裕恵(神奈川県立金沢文庫学芸員)
大山 恒(茂木町教育委員会図書文化係主事)
○山田太造
尾上陽介
高島晶彦
渋谷綾子
小瀬玄士
500,000
15 「院号定部類記」の共同利用に向けての調査・研究・公開―東山御文庫本系諸本を中心に― ○野口華世(共愛学園前橋国際大学教授)
高松百香(東京学芸大学特任准教授)
河合佐知子(国立歴史民俗博物館特任助教)
長田郁子(世田谷区区史編さん史料調査員)
伴瀬明美(大阪大学准教授)
○小塩慶
堀川康史
495,000
合計 7,245,000

これまでに実施された特定共同研究・一般共同研究の活動

これまでに実施された特定共同研究・一般共同研究の研究課題とその成果については、 こちらをご覧ください。