ご案内

研究業績(新井 重行)

氏名(かな) 新井 重行 (あらい しげゆき)
所属 古代史料部門
職位・学位 准教授/博士(文学)
研究テーマ
  • 日本古代史(朝廷の儀礼・地方行政)
  • 典籍の書誌学的検討
著書・論文
  • 「寛政度内裏造営に関する史料の検討―承知帳・伺帳を中心に―」田島公編『禁裏・公家文庫研究』8 思文閣出版 2022年
  • 「後水尾院当時年中行事」『陽明文庫講座 図録3』東京大学史料編纂所研究成果報告2021-11
  • 「橘氏」佐藤信編『古代史講義【氏族篇】』ちくま新書 2021年
  • (史料紹介・共著)「『践祚部類鈔』翻刻・付解題」『書陵部紀要』70 2019年
  • 「書籍・典籍・古文書」佐藤信編『新版図説歴史散歩事典』山川出版社 2019年
  • 「皇子女の五十日・百日の祝について」小口雅史編『律令制と日本古代国家』 同成社 2018年
  • 「本朝文粋―慶滋保胤「池亭記」を読む―」佐藤信・小口雅史編『古代史料を読む』下 平安王朝篇 同成社 2018年
  • 「『類聚三代格』における格の追補―尊経閣文庫本の朱訓点の検討から―」佐藤信編『史料・史跡と古代社会』吉川弘文館 2018年
  • (研究余録)「『釈日本紀』に引用された『新儀式』」『日本歴史』834 2017年
  • (史料紹介・共著)「『後水尾院当時年中行事』・『御うぶや以下の次第』翻刻 付解題」『書陵部紀要』66 2015年
  • (史料紹介・共著)「伏見宮本『広義門院御産記 後伏見天皇宸記』翻刻(下)付解題」『書陵部紀要』64 2013年
  • 「参議要抄 解題」『尊経閣善本影印集成 第七輯 平安鎌倉儀式書』八木書店 2013年
  • 「任槐大饗部類記 解題」『内閣文庫所蔵史料叢刊 古代中世篇5』汲古書院 2013年
  • 「皇子女の産養について―摂関・院政期における変化を中心に―」『書陵部紀要』63 2012年
  • (史料紹介・共著)「伏見宮本『広義門院御産記 後伏見天皇宸記』翻刻(上)」『書陵部紀要』63 2012年
  • 「清獬眼抄 解題」『内閣文庫所蔵史料叢刊 古代中世篇3』汲古書院 2012年
  • 「職原抄 解題」『内閣文庫所蔵史料叢刊 古代中世篇6』汲古書院 2012年
  • (共著)「土御門本の具注暦について」『具注暦を中心とする暦史料の集成とその史料学的研究』科学研究費補助金研究成果報告書 研究代表者 厚谷和雄 2008年
  • 「壬生本『西宮記』第十七軸の基礎的考察」『書陵部紀要』59 2008年
  • 「習書・落書の世界」 平川 南・栄原 永遠男・山中 章・沖森 卓也編『文字と古代日本 5 文字表現の獲得』吉川弘文館 2006年
  • 「天平勝宝初年における瑜伽論の書写について―食口案にみえる案主に関連して―」西洋子・石上英一編『正倉院文書論集』青史出版 2005年
  • 「「東大寺開田図」についての覚書 ―文書としての開田図という視点から―」武光誠編『古代日本の政治と宗教』同成社 2005年
  • 「荘園遺跡の出土文字資料よりみた在地情勢」佐藤信編『西大寺古絵図の世界』東京大学出版会 2005年
  • 「東大寺開田図の整理過程と模写」『正倉院文書研究』10 2005年
  • 「「東大寺山堺四至図」の模写とその系統」『東京大学史料編纂所研究紀要』15 2005年
  • 「正倉院文書写経機関関係文書編年目録―天平勝宝元年―」『東京大学日本史学研究室紀要』7 2003年
  • 「郡雑任の再検討―その起源を中心に―」『史学雑誌』112-2 2003年
講演・報告
  • 「寛政度内裏造営に関する史料の紹介―承知帳・伺帳を中心に―」国際研究集会「御所(宮殿)・邸宅造営関係資料の地脈と新天地」 2021年12月
  • 「郡雑任についての再検討」第99回 史学会大会報告 2001年11月
  • 「雑徭制の変質と国司の労働力」古代史サマーセミナー 2002年8月
その他
  • (書評と紹介)「山口英男著『日本古代の地域社会と行政機構』」『日本歴史』875 2021年
  • (分担執筆)「2009年の歴史学会 回顧と展望」『史学雑誌』119-5 2010年
  • (新刊紹介)「摂河泉古代寺院研究会編『行基の考古学』」『史学雑誌』113-3 2004年
  • (文献案内)「三河雅弘「越前国足羽郡糞置村開田地図における山の表現とその特質」」『東京大学史料編纂所附属画像史料解析センター通信』27 2004年
  • (新刊紹介)「山口県編『山口県史 史料編 古代』」『史学雑誌』111-8 2002年
  • (新刊紹介)「林部均著『古代宮都形成過程の研究』」『年報 都市史研究』10 2002年
  • (新刊紹介)「井上辰雄編『古代東国と常陸国風土記』」『史学雑誌』109-2 2000年