ご案内

研究業績(渡邉 正男)

氏名(かな) 渡邉 正男 (わたなべ まさお)
所属 中世史料部門
職位・学位 准教授/文学修士
研究テーマ
  • 法・制度と権利に関する歴史的研究
著書・論文
  • 「史料紹介 西園寺本「伝宣草」」『学習院大学史料館紀要』第28号 2022年3月
  • 「中世法と中世国家―『中世法制史料集』をめぐって―」『年報中世史研究』第45号 2020年5月
  • 「史料紹介 丹波篠山市教育委員会所蔵「貞永式目追加」」『史学雑誌』第128編第9号 2019年9月
  • 「史料紹介 楽所奉行方宗綱卿記」『東京大学史料編纂所研究紀要』第29号 2019年3月
  • 『愛知県史 通史編2 中世1』(分担執筆) 2018年3月 愛知県
  • 「関東御教書と得宗書状」稲葉伸道編『中世寺社と国家・地域・史料』 2017年5月 法蔵館
  • 「「洞院家廿巻部類」原写本紙背文書について」『古文書研究』第81号 2016年6月
  • 「「宗家判物写」所載文書編年目録稿(完)」『東京大学史料編纂所研究紀要』第26号 2016年3月
  • 「「宗家判物写」所載文書編年目録稿(続々)」『東京大学史料編纂所研究紀要』第25号 2015年3月
  • 「「宗家判物写」所載文書編年目録稿(続)」『東京大学史料編纂所研究紀要』第24号 2014年3月
  • 「大覚寺所蔵「儼避羅抄」紙背文書」『室町時代研究』第3号 2011年10月
  • 「「宗家判物写」所載文書編年目録稿」『東京大学史料編纂所研究紀要』第20号 2010年3月
  • 「延文二年の追加法」『室町時代研究』第2号 2008年3月
  • 「中世の甲斐と武田氏」『山梨県史 概説編』 2008年3月 山梨県
  • 「南北朝の内乱と武田守護家の成立」『山梨県史 通史編2 中世』 2007年3月 山梨県
  • 「室町幕府・鎌倉府・甲斐守護」『山梨県史 通史編2 中世』 2007年3月 山梨県
  • 「「外題安堵法」の再検討」『日本歴史』第674号 2004年7月
  • 「「鞠韈可有程品事」」『年報中世史研究』第29号 2004年5月
  • 「「正和の神領興行法」と「入門」」『鎌倉遺文研究』第13号 2004年4月
  • 「「勝山記」・「妙法寺記」の諸本について」『山梨県史研究』第10号 2002年3月
  • 「中世の尾張・三河」三鬼清一郎編『愛知県の歴史』 2001年1月 山川出版社
講演・報告
  • 「中世法と中世国家」中世史研究会総会・大会シンポジウム「佐藤進一の軌跡 ―いま、「中世国家」を問う―」 2019年9月
  • 「「原式目論」について」中世史研究会例会 2019年3月
  • 「一四世紀日本における社会秩序形成・維持構造の変化」 東京大学リベラルアーツ・プログラム南京大学特設講演 2012年3月
  • 「鎌倉時代の「使節遵行」について」 中世史研究会例会 1999年2月
  • 「「外題安堵法」の再検討」 日本史研究会例会 1993年3月
  • 「「程品」と「新制装束」-蹴鞠伝書中の公家新制史料について-」 蹴鞠研究会 1992年4月
  • 「鎌倉幕府の強制執行について」 東京大学中世史研究会 1990年11月
  • 「秀吉の天下と善光寺如来―アジアの視点から―」2016年5月 「続・古典を読む―歴史と文学」講座(長野市)
  • 「アジアのなかの徳川家康」2016年4月 国立公文書館講演会
  • 「琉球王国と豊臣秀吉―「下浮穴郡役所蔵文書」の歴史的意義―」2016年4月 伊予史談会研究会
  • 「『鉄ノ船』の真相と九鬼嘉隆 ―海からみた信長・秀吉政権―」2015年7月 今治市「村上水軍シンポジウム」
  • 「信長の武威と軍記世界」2014年7月 軍記・語り物研究会
  • 「境界論と主従の関係」2012年11月 第110回史学会大会シンポジウム「中世史学の未来像を求めて」
  • 「帆別銭と湊船帳」2008年11月 第106回史学会大会
  • 「室町・戦国期の安藤氏と小鹿嶋」2004年9月 東北中世考古学会第10回大会
史料編纂
  • 『大日本史料 第9編之29』 2021年6月
  • 『大日本史料 第9編之28』 2018年3月
  • 『大日本史料 第9編之27』 2015年3月
  • 『大日本史料 第9編之26』 2012年3月
  • 『大日本史料 第9編之25』 2009年3月
  • 『大日本史料 第9編之24』 2006年3月
  • 『大日本史料 第9編之23』 2003年3月
  • 『大日本史料 第9編之22』 2000年3月
  • 『大日本史料 第9編之21』 1997年3月
  • 『大日本史料 第9編之20』 1994年3月
  • 『大日本史料 第9編之19』 1991年3月
  • 『山梨県史 資料編5 中世2下 県外文書』(分担編纂) 2005年3月 山梨県
  • 『山梨県史 資料編5 中世2上 県外文書』(分担編纂) 2005年3月 山梨県
  • 『山梨県史 資料編7 中世3下 県外記録』(分担編纂) 2002年12月 山梨県
  • 『山梨県史 資料編6 中世3上 県内記録』(分担編纂) 2001年5月 山梨県
  • 『山梨県史 資料編4 中世1 県内文書』(分担編纂) 1999年3月 山梨県
  • 『大日本史料 第十編之二十九』2017年3月 東京大学出版会
  • 東京大学史料編纂所一般共同研究「琉球王府発給文書の基礎的研究」プロジェクト編『琉球王府発給文書の基礎的研究』(東京大学研究成果報告2016ー1)2016年10月
  • 『大日本史料 第十編之二十八』2014年3月 東京大学出版会
  • 『大日本史料 第十編之二十七』2011年7月 東京大学出版会
  • 『大日本史料 第十編之二十六』2009年3月 東京大学出版会
  • 『大日本史料 第十編之二十五』2006年3月 東京大学出版会
  • 『大日本史料 第十編之二十四』2003年3月 東京大学出版会
その他
  • 「2011年の歴史学会-回顧と展望- 日本(中世)鎌倉時代」 『史学雑誌』第121編第5号 2012年5月
  • 『三重県史資料調査報告書別冊 三重県南牟婁郡紀和町西家文書調査報告書』(分担執筆) 1999年3月 三重県生活文化課
  • 「「倭寇図巻」-倭寇イメージの変遷-」 東京大学創立120周年記念展第4部放送番組 1997年11・12月
  • 国立歴史民俗博物館展示図録『海の帝国琉球 八重山宮古奄美からみた中世』(共著)、2021年3月、同館
  • 「書評 鹿毛敏夫編『描かれたザビエルと戦国日本―西欧画家のアジア認識』」2017年5月 『年報中世史研究』42
  • 「書評 遠藤ゆり子『戦国時代の南奥羽社会 : 大崎・伊達・最上氏』」2017年4月 『歴史学研究』957
  • 「書評 村井章介著『日本中世境界史論』」2014年10月 『史学雑誌』123-10
  • 「書評 垣内和孝『室町期 南奥の政治秩序と抗争』」 2008年4月 『歴史学研究』839
  • 「書評 山里純一『古代日本と南島の交流』」2001年12月 『歴史学研究』757
  • 「回顧と展望 2002年 中世(日本) (戦国期の東日本)(対外関係)」2003年5月 『史学雑誌』112(5)