ご案内

研究業績(渋谷 綾子)

氏名(かな) 渋谷 綾子 (しぶたに あやこ)
所属 前近代日本史情報国際センター
職位・学位 特任助教/博士(文学)
研究テーマ
  • 料紙の自然科学的研究
  • 先史時代人の植物食文化と健康状態の復元
著書・論文
  • 渋谷綾子・野村朋弘・高島晶彦・天野真志・山田太造「考古学・植物学を活用した松尾大社社蔵史料の料紙の構成物分析」『東京大学史料編纂所研究紀要』31,pp.59-74,2021年3月18日(査読有)
  • 山崎京美・渋谷綾子・米田穣「伊豆諸島の縄文時代および古代のイノシシ属歯石から検出された残存デンプン粒について」『動物考古学』38,pp.55-60,2021年3月
  • 青野友哉・渋谷綾子・添田雄二・永谷幸人「作物痕跡の形状解析による栽培作物同定と 残存デンプン粒分析との照合の試み」『文化財科学 : 日本文化財科学会誌』82,pp.1-20,2021年2月15日(査読有)
  • 渋谷綾子「小特集「古文書学の新展開」まえがき」『古文書研究』90,pp.1-3,2020年12月28日
  • 長井謙治・米田穣・卜部厚志・佐々木由香・能城修一・丸山真史・太田博樹・渋谷綾子・宮田佳樹・下岡順直・小林和貴・佐々木繁喜・角田朋行「2020年北町遺跡共同調査の記録」『第34回東北日本の旧石器文化を語る会予稿集』,pp.63-74,2020年12月26日
  • 渋谷綾子「人骨の歯石の残存デンプン粒からみた長江下流域新石器時代の植物食」『河姆渡と良渚』(中村慎一・劉斌編),pp.335-347,雄山閣,2020年12月10日
  • 渋谷 綾子・山田 太造・渡邉 要一郎・平澤 加奈子・大向 一輝・金子 拓・山家浩樹・保谷徹「日本史史料の長期利用とデータ共有・連結化に向けたシステム環境整備」『じんもんこん2020論文集』,pp.23-30,2020年12月5日(査読有)
  • 大向一輝・渡邉要一郎・渋谷綾子・平澤加奈子・山田太造・山家浩樹・保谷徹「東京大学史料編纂所におけるデータインフラ整備の現状 」『統計関連学会連合大会講演報告集』,2020年9月
  • Ayako Shibutani, Makoto Goto. How Do Research Data Develop? International Standardisation of Scientific Data in Historical Studies. Digital Humanities 2020 (DH2020). 2020年7月22日(査読有)<https://dh2020.adho.org/wp-content/uploads/2020/07/116_HowDoResearchDataDevelopInternationalStandardisationofScientificDatainHistoricalStudies.html>
  • 渋谷綾子.「考古学・植物学的手法を応用した歴史資料の総合的研究:「国際古文書料紙学」創出への展望」『古代文化』第72巻第1号,pp.82-89,2020年6月30日(査読有)
  • 渋谷綾子「大日野原遺跡から出土した石器の残存デンプン粒分析」『大日野原遺跡―第4次発掘調査―』(中央大学文学部考古学研究室・相模原市教育委員会編),pp.70-74,2020年3月31日
  • Ayako Shibutani. How Does Archaeobotanical Analysis Trace the Origin of Historical Resources? Abstract booklet of Workshop on Integrated Microscopy Approaches in Archaeobotany 2020. p.23. 2020年2月.(査読有)
  • 渋谷綾子「第五章第六節 牙石残留淀粉粒分析」『马家浜』(張昌倬・ 王媛・浙江省文物考古研究所・嘉興博物館編),pp.256-263. 文物出版社・中国浙江省,2019年12月(中国語)
  • 渋谷綾子「古文書料紙における植物素材の選択と変遷:陽明文庫所蔵史料と松尾大社所蔵史料を中心に」『日本植生史学会大会第34回大会講演要旨集』,p.58-59, 2019年12月6日(査読有)
  • Ayako Shibutani. Material Resources, Human Selection, and the Environment: From Integrated Microscopic Studies of Japanese Pre-modern Paper Materials. Abstract book of the 40th Association for Environmental Archaeology conference. P.67, 2019年11月29日(査読有)
  • 渋谷綾子「「国際古文書料紙学」の確立にむけて」『国際シンポジウム「料紙研究×自然科学:古文書研究の新展開」要旨集』,pp.2-5,2019年11月23日
  • 渋谷綾子「歯石の残存デンプン粒にもとづく長江下流域新石器時代の植物食復元」『第73回日本人類学会大会プログラム・抄録集』,p.58,2019年10月(査読有)
  • 渋谷綾子「報告―Integrated Microscopy Approaches in Archaeobotany 2019(IMAA 2019)および第18回国際古民族植物学会議(IWGP 2019)」『植生史研究』28 (1),pp.33-36,2019年10月(依頼)
  • 渋谷綾子・孫国平・劉斌・王寧遠・陳傑・宋建・岡崎健治・板橋悠・中村慎一「人骨の歯石に残るデンプン粒からみた長江下流域新石器時代の植物食」『第73回日本人類学会大会プログラム・抄録集』,p.70,2019年10月(査読有)
  • Ayako Shibutani. Microbotanical approach to exploring the origins of Japanese historical papers. Abstracts and program of the 18th Conference of the International Work Group for Palaeoethnobotany. pp.130-131,2019年6月(査読有)
  • 渋谷綾子「顕微鏡と情報基盤を用いた紙媒体歴史資料の新たな研究フレームワーク」『日本文化財科学会第36回大会研究発表要旨集』,pp.364-365,2019年6月(査読有)
  • 渋谷綾子・岡崎健治・澤田純明・ 宮田佳樹・覚張隆史・米田穣「長江下流域の新石器時代における食性と古病理」『一般社団法人日本考古学協会第85回総会研究発表要旨』,pp.130-131,2019年5月(査読有)
  • Ayako Shibutani. Developing a methodology of mixture analysis to determine the origins of Japanese historical papers. Integrated Studies of Cultural and Research Resources (National Museum of Japanese History, ed.), National Museum of Japanese History ed., University of Michigan Press, March 2019. (査読有)
  • 渋谷綾子「作物痕跡の残存デンプン粒分析」『伊達市カムイタプコプ下遺跡発掘調査報告書―近世アイヌ文化期の集落―』(添田雄二・青野友哉・永谷幸人編),北海道博物館・伊達市噴火湾文化研究所,pp.37-40,2019年3月12日
  • 添田雄二・青野友哉・富塚龍・永谷幸人・小林孝二・三谷智広・菅野修広・松田宏介・片山弘喜・杉山真二・渋谷綾子・甲能直樹・宮地鼓・中村賢太郎・渡邊剛「小氷期最寒冷期と巨大噴火・津波がアイヌ民族に与えた影響Ⅳ」『北海道博物館研究紀要』4,pp.57-72,2019年3月(査読有)
  • Ayako Shibutani. Seeing starch: Integrated archaeobotanical approach to identify the origins of Japanese historical papers. Abstract booklet: Workshop on Integrated Microscopy Approaches in Archaeobotany. p.18, 2019年2月(査読有)
  • 渋谷綾子「菖蒲内開戸遺跡から出土した磨石・石皿の残存デンプン粒分析」『菖蒲内開戸遺跡I』(相良英樹・粕谷隆編),公益財団法人かながわ考古学財団,pp.134-136,2019年2月15日
  • Ayako Shibutani, Guoping Sun, Bin Liu, Ningyuan Wang, Jie Chen, Jian Song, Kenji Okazaki, Yu Itahashi, Shin’ichi Nakamura. Reconstructing Plant Food from Starch Grains of Human Dental Calculus in the Neolithic Lower Yangtze Area, China. Anthropological Science 126 (3). pp.173, 2018年12月(査読有)
  • 渋谷綾子「料紙のデンプン粒構成物からみた古文書の起源追跡」『日本植生史学会第33回大会講演要旨集』,pp.29-30,2018年11月(査読有)
  • 鈴木三男・矢部淳・鈴木伸哉・佐々木由香・吉田明弘・工藤雄一郎・那須浩郎・渋谷綾子・箱崎真隆「日本植生史学会創立30周年記念大会シンポジウム『植生史研究のこれまでとこれから』第2部:パネルディスカッション「多様化する植生史研究」」『植生史研究』27 (2),pp.93-106,2018年11月
  • 渋谷綾子「顕微鏡を用いた古文書料紙の自然科学分析」『企画展示 日本の中世文書―機能と形と国際比較―』(大学利用共同機関法人人間文化研究機構国立歴史民俗博物館編),大学利用共同機関法人人間文化研究機構国立歴史民俗博物館,p.281,2018年10月16日
  • 青野友哉・渋谷綾子・添田雄二「栽培作物の特定のための作物痕跡の検出と大根の放置実験による検証」『日本文化財科学会第35回大会研究発表要旨集』,pp.34-35,2018年7月(査読有)
  • 永谷幸人・青野友哉・三谷智広・菅野修広・松田宏介・中村賢太郎・渋谷綾子・添田雄二「北海道伊達市カムイタプコプ下遺跡からみえてきた17世紀のアイヌ民族の暮らし」『日本文化財科学会第35回大会研究発表要旨集』,pp.84-85,2018年7月(査読有)
  • 渋谷綾子・高島晶彦・天野真志・山田太造・小島道裕・尾上陽介「古文書の起源の追跡にむけた前近代の和紙の構成物分析:研究の現状と課題,方法の展開」『日本文化財科学会第35回大会研究発表要旨集』,pp.52-53,2018年7月(査読有)
  • 渋谷綾子「石器の残存デンプン粒分析の方法と北海道・東北北部における研究動向」『北海道噴火湾沿岸の縄文文化の基礎的研究』(青野友哉・永谷幸人編), 伊達市噴火湾文化研究所, pp.117-120,2018年6月30日
  • Ayako Shibutani, Bin Liu, Ningyuan Wang, Jie Chen, Jian Song, Kenji Okazaki, Yu Itahashi, Shin’ichi Nakamura. Abstract book: 8th Worldwide Conference of the Society for East Asian Archaeology. p.86, 2018年6月(査読有)
  • Ayako Shibutani. Beyond Archaeological Methods: Microscopic Approaches to Japanese Historical Documents. Bulletin du Musée d'Anthropologie préhistorique de Monaco 58. p.58, 2018年5月(査読有)
  • 渋谷綾子「大鹿窪遺跡出土石器の残存デンプン粒分析 結果報告」『史跡大鹿窪遺跡発掘調査総括報告書』第2分冊(永田悠記・深澤麻衣・鈴木翔太・小林謙一・米田穣・森将志・辻康男・渋谷綾子・下岡順直・酒井英男・菅頭明日香・池谷信之・黒沼保子・能城修一・北垣俊明・ナワビ矢麻・田畑幸嗣編),富士宮市教育委員会,pp. 561-581,2018年3月28日
  • 渋谷綾子・小島道裕「顕微鏡を用いた古文書料紙の自然科学分析の試み」『歴史研究と<総合資料学>』(国立博物館編),吉川弘文館,pp.98-120,2018年3月1日
  • 添田雄二・青野友哉・三谷智広・永谷幸人・菅野修広・松田宏介・中村賢太郎・ 杉山真二・渋谷綾子・宮地鼓・甲能直樹・渡邊剛「小氷期最寒冷期と巨大噴火・津波がアイヌ民族に与えた影響Ⅲ」『北海道博物館研究紀要』3,pp.119-132,2018年3月(査読有)
  • 渋谷綾子「カムイタプコプ下遺跡の残存デンプン粒分析」『斬新考古』6,pp.6-7,2018年3月
  • 渋谷綾子「崩リ遺跡から出土した石器の残存デンプン粒分析」『崩リ遺跡I 畑地帯総合整備事業(担い手育成型)手久津久地区に伴う埋蔵文化財発掘調査 第1分冊』(松原信之・野﨑拓司・安武憲史編),喜界町教育委員会,pp. 151-156,2018年1月22日
講演・報告
  • 渋谷綾子「続縄文時代遺跡出土の人骨における歯石の残存デンプン粒分析結果報告」「続縄文/弥生プロジェクト」第3回研究会」,オンライン,2021年4月10日
  • Ayako Shibutani, Kanako Hirasawa. Towards Data Sharing, Integration, and Multi-proxy Collaboration in Historical Studies : New Insights and Future Challenges in Japan. AAS 2021 (Annual Conference of Association for Asian Studies 2021) , オンライン,2021年3月27日(査読有)
  • Ikki Ohmukai, Ayako Shibutani, Taizo Yamada, Yoichiro Watanabe, Kanako Hirasawa. Long-term Utilisation, Data Sharing, and Linking of Japanese Historical Materials : Current Approaches by the Historiographical Institute of the University of Tokyo. AAS 2021 (Annual Conference of Association for Asian Studies 2021) , オンライン,2021年3月27日(査読有)
  • 長井謙治・米田穣・卜部厚志・佐々木由香・能城修一・丸山真史・太田博樹・渋谷綾子・宮田佳樹・下岡順直・小林和貴・佐々木繁喜・角田朋行「2020年北町遺跡共同調査の記録」第34回東北日本の旧石器文化を語る会,オンライン,2020年12月26日
  • 渋谷綾子・山田太造・渡邉要一郎・平澤加奈子・大向一輝・金子拓・ 山家浩樹・保谷徹「日本史史料の長期利用とデータ共有・連結化に向けたシステム環境整備」人文科学とコンピュータシンポジウム「じんもんこん2020」,オンライン,2020年12月12日(査読有)
  • 渋谷綾子「料紙研究の最新手法と成果」東京大学史料編纂所画像史料解析センター・前近代日本史情報国際センター共催研究会,オンライン,2020年10月12日
  • 大向一輝・渡邉要一郎・渋谷綾子・平澤加奈子・山田太造・山家浩樹,・保谷徹「東京大学史料編纂所におけるデータインフラ整備の現状」2020年度統計関連学会連合大会,オンライン,2020年9月10日
  • Ayako Shibutani, Makoto Goto. How Do Research Data Develop? International Standardisation of Scientific Data in Historical Studies. Digital Humanities 2020 (DH2020).,オンライン,2020年7月22日(ポスター,査読有)
  • 渋谷綾子「続縄文時代遺跡出土の人骨の歯に付着した歯石の残存デンプン粒」考古学研究会第66回研究集会,オンライン,2020年7月18日(ポスター,査読有)
  • Ayako Shibutani. How Does Archaeobotanical Analysis Trace the Origin of Historical Resources? Workshops of Integrated Microscopy Approaches in Archaeobotany 2020, University of Reading, UK, 2020年2月15日(ポスター,査読有)
  • 渋谷綾子「古文書料紙における植物素材の選択と変遷:陽明文庫所蔵史料と松尾大社所蔵史料を中心に」第34回日本植生史学会大会,於:豊橋市自然史博物館。2019年12月8日(ポスター,査読有)
  • Ayako Shibutani. Material Resources, Human Selection, and the Environment: From Integrated Microscopic Studies of Japanese Pre-modern Paper Materials. 40th Association for Environmental Archaeology Conference, University of Sheffield, UK, 2019年11月30日(ポスター,査読有)
  • 渋谷綾子「「国際古文書料紙学」の確立にむけて」国際シンポジウム「料紙研究×自然科学:古文書研究の新展開」,於:東京大学本郷キャンパス山上会館,2019年11月23日
  • 渋谷綾子「歯石の残存デンプン粒にもとづく長江下流域新石器時代の植物食復元」第73回日本人類学会大会,於:佐賀大学本庄キャンパス,2019年10月13日(ポスター,査読有)
  • 渋谷綾子「歯石の残存デンプン粒にもとづく長江下流域新石器時代の植物食復元」第73回人類学会大会,於:佐賀大学本庄キャンパス,2019年10月12日(査読有)
  • 高島晶彦・渋谷綾子「原本史料保存のための料紙調査とそれに基づく修理手法 Surveys of Historical Paper Materials for Conserving Original Resources and Their Conservation Methods」第30回日本資料専門家欧州協会年次大会(The 30th EAJRS Conference),Department of Japanese Studies at Sofia University, Sofia, Bulgaria,2019年9月18日
  • 渋谷綾子「デンプンの教室」東大教室2019夏,於:JPタワー学術文化総合ミュージアム・インターメディアテク,2019年8月7日(招待講演)
  • Ayako Shibutani, Makoto Goto. Constructing A New Science Framework In Japanese Historical Studies Through Digital Infrastructure. Digital Humanities 2019 (DH2019). TivoliVredenburg, Utrecht, Netherlands,2019年7月11日(ポスター,査読有)
  • Ayako Shibutani. Microbotanical Approach to Exploring the Origins of Japanese Historical Papers. 18th Conference of the International Workgroup for Palaeoethnobotany (IWGP2019). University of Salento, Lecce, Italy,2019年6月5日(ポスター,査読有)
  • 渋谷綾子「顕微鏡と情報基盤を用いた紙媒体歴史資料の新たな研究フレームワーク」日本文化財科学会第36回大会,於:東京藝術大学,2019年6月2日(ポスター,査読有)
  • 渋谷綾子・岡崎健治・澤田純明・宮田佳樹・覚張隆史・米田穣「長江下流域の新石器時代における食性と古病理」日本考古学協会第85回(2019年度)総会,於:駒澤大学駒沢キャンパス,2019年5月19日(査読有)
  • 渋谷綾子「異分野連携ユニット平成30(2018)年度活動報告」国立歴史民俗博物館機関拠点型基幹研究「総合資料学の創成と日本歴史文化に関する研究資源の共同利用基盤構築」平成30年度全体集会,於:山形大学小白川キャンパス,2019年3月4日
  • Ayako Shibutani. Small Things in Perspective: An Integrated Approach to Historical Paper Materials through Digital Infrastructure and Microscopy. Digital Humanities Workshop at KU. Katholieke Universiteit Leuven, Belgium, 2019年2月27日
  • Ayako Shibutani. Seeing starch: Integrated archaeobotanical approach to identify the origins of Japanese historical papers. Workshop on Integrated Microscopy Approaches in Archaeobotany 2019. University of Reading, UK, 2019年2月16日・17日(ポスター,査読有)
  • 渋谷綾子「古文書料紙に対する自然科学分析の意義と2018年度研究成果の報告」歴博共同研究「総合資料学の創成と日本歴史文化に関する研究資源の共同利用基盤構築」異分野連携ユニット研究会平成30年度第3回 /東京大学史料編纂所2018年度一般共同研究「前近代の和紙の構成物分析にもとづく古文書の起源地追跡」第2回 /科研費挑戦的研究(萌芽)「前近代の和紙の混入物分析にもとづく「古文書科学」の可能性探索」(No. 18K18534)第1回 合同研究会,於:米沢市上杉博物館,2019年1月18日
  • 渋谷綾子「料紙のデンプン粒構成物からみた古文書の起源追跡」第33回日本植生史学会大会,於:滋賀県立琵琶湖博物館,2018年11月10日・11日(ポスター,査読有)
  • 渋谷綾子・孫国平・劉斌・王寧遠・陳傑・宋建・岡崎健治・板橋悠・中村慎一「歯石の残存デンプン粒を用いた長江下流域新石器時代の植物食の復元」第72回日本人類学会大会, 於:静岡県三島市民文化会館,2018年10月20日・21日(ポスター,査読有)
  • 後藤真・渋谷綾子・石塚正輝「国立歴史民俗博物館の総合資料学システム「khirin(Knowledgebase of Historical Resources in Institutes)」と日本の「デジタルアーカイブ」の現状 System of integrated studies of cultural and research resources “khirin (Knowledgebase of Historical Resources in Institutes)” by the National Museum of Japanese History and status of “digital archive” in Japan」第29回日本資料専門家欧州協会年次大会(The 29th EAJRS Conference),Vytautas Magnus University, Kaunas, Lithuania,2018年9月14日
  • 青野友哉・渋谷綾子・添田雄二「栽培作物の特定のための作物痕跡の検出と大根の放置実験による検証」日本文化財科学会第35回大会,於:奈良女子大学,2018年7月7日・8日(ポスター,査読有)
  • 永谷幸人・青野友哉・三谷智広・菅野修広・松田宏介・中村賢太郎・渋谷綾子・添田雄二「北海道伊達市カムイタプコプ下遺跡からみえてきた17世紀のアイヌ民族の暮らし」日本文化財科学会第35回大会,於:奈良女子大学,2018年7月8日(査読有)
  • 渋谷綾子・高島晶彦・天野真志・山田太造・小島道裕・尾上陽介「古文書の起源の追跡にむけた前近代の和紙の構成物分析:研究の現状と課題,方法の展開」日本文化財科学会第35回大会,於:奈良女子大学,2018年7月7日(査読有)
  • 渋谷綾子「古文書料紙の構成物分析と方法の展開・可能性」歴博共同研究「総合資料学の創成と日本歴史文化に関する研究資源の共同利用基盤構築」平成30年度異分野連携ユニット研究会第1回/東京大学史料編纂所2018年度一般共同研究「前近代の和紙の構成物分析にもとづく古文書の起源地追跡」第1回研究会,於:国立歴史民俗博物館,2018年6月25日
  • Ayako Shibutani, Bin Liu, Ningyuan Wang, Jie Chen, Jian Song, Kenji Okazaki, Yu Itahashi, Shin’ichi Nakamura. Plant Food in the Neolithic Lower Yangtze Area, China from Starch Granules of Human Dental Calculus. 8th Worldwide Conference of the Society for East Asian Archaeology, Nanjing University, Nanjing, China,2018年6月10日(査読有)
  • Ayako Shibutani. Beyond Archaeological Methods: Microscopic Approaches to Japanese Historical Documents. AWRANA2018, Saint Jean d’Angely Campus, University of Nice Côte d’Azur, Nice, France, 2018年5月29日(ポスター,査読有)
  • 渋谷綾子・孫国平・劉斌・王寧遠・陳傑・宋建・岡崎健治・板橋悠・中村慎一「人骨の歯石の残存デンプン粒からみた長江下流域新石器時代の植物食」考古学研究会第64回総会・研究集会,於:岡山大学文法経講義棟26番教室ほか,2018年4月21日・22日(ポスター,査読有)
  • 渋谷綾子「異分野連携ユニット平成29(2017)年度活動報告」長崎大学大学院多文化社会学研究科創立記念・長崎大学・国立歴史民俗博物館連携協定記念シンポジウム「資料がつなぐ大学と博物館~歴史文化の地域的・国際的展開~」,於:長崎大学文教キャンパス総合教育研究棟3階31番教室,2018年3月17日
  • 渋谷綾子「文化財科学分野の代表」全分野結集型シンポジウム「学問の世界 The academic world」そもそも真理探究とは何か,於:京都大学吉田キャンパス国際科学イノベーション棟5Fシンポジウムホール,2018年2月22日
  • 渋谷綾子「デンプンがつなぐ :「総合資料学」にむけた異分野連携研究」総合研究大学院大学卒業生ワークショップ,於:国立民族学博物館,2018年2月17日
  • 渋谷綾子「古文書料紙の混入物分析と方法の展開」歴博共同研究「総合資料学の創成と日本歴史文化に関する研究資源の共同利用基盤構築」 平成29年度異分野連携ユニット研究会第3回,於:国立歴史民俗博物館,2018年1月22日
その他
  • 「考古学ミステリー・縄文土偶の正体に迫る」『NHKおはよう日本』,対談・コメント,2021年4月24日
  • 渋谷綾子「デンプン粒からたどる中国文明形成期の植物資源利用」『中国文明起源解明の新・考古学イニシアティブ ニュースレター』1,p.10,2021年3月13日
  • 渋谷綾子「料紙研究の最新手法と成果」『東京大学史料編纂所附属画像史料解析センター通信』91,pp.27-29,2021年1月13日
  • 渋谷綾子「でん粉が明かす昔と未来」『月報 砂糖類・でん粉情報』11,pp.2-8,2019年11月(依頼)
  • Ayako Shibutani. Small Things in Perspective: An Integrated Approach to Historical Paper Materials through Digital Infrastructure and Microscopy. 2019年4月. [https://www.dropbox.com/s/yjmt98wip79b7db/compression-REKIH%202_Video.mp4?dl=0]
  • 渋谷綾子「土器からたどる縄文人の食:残存デンプン粒分析を知る」『武蔵野樹林』2,pp.42-43,2019年4月(依頼)
  • 渋谷綾子「点から面へ、そして歴史の研究へ」『人文情報学月報』82,2018年5月29日(依頼)
  • 渋谷綾子「北陸歴史よもやま話 デンプンが示す昔の生活」『読売新聞』2018年1月13日(依頼)
  • 第11回日本デジタル・ヒューマニティーズ学会年次大会(JADH) 実行委員(2021年~)
  • 日本植生史学会 『植生史研究』第11期編集書記 (2017年11月~ 2019年9月)
  • 第12回学会表彰・ポスター賞「栽培作物の特定のための作物痕跡の検出と大根の放置実験による検証」,2018年7月8日,青野友哉・渋谷綾子・添田雄二,授賞団体:日本文化財科学会第35回大会・2018年度総会
  • 第11回学会表彰・ポスター賞「デジタルマイクロスコープによる古文書料紙の検討:「総合資料学」における文理融合型研究の試み」,2017年6月11日,渋谷綾子,授賞団体:日本文化財科学会第34回大会・2017年度総会
  • 第1回人間文化研究奨励賞,2013年12月10日,渋谷綾子,授賞団体:人間文化研究機構
  • 第1回日本植生史学会論文賞,2011年11月5日,渋谷綾子,授賞団体:日本植生史学会学術論文13の「日本列島における現生デンプン粒標本と日本考古学研究への応用―残存デンプン粒の形態分類をめざして」に対する受賞
  • WAC Student Poster Prize runner-up(第2位),2008年7月4日,Ayako Shibutani,授賞団体:WAC Student Committee(WAC-6)国際会議における発表13のポスター「Late Pleistocene to Early Holocene Plant Movements in Southern Kyushu, Japan」に対する受賞