東京大学史料編纂所

HOME > 編纂・研究・公開 > 研究紀要 > 東京大学史料編纂所研究紀要第16号(2006年)

研究紀要

東京大学史料編纂所研究紀要第16号(2006年) 

標題
著者名
掲載ページ
<口絵>

『台記』


i
『中務大輔家久公御上京日記』


i
<研究報告>

光厳院政の展開と出雲国横田荘 : 東京大学史料編纂所所蔵『出雲岩屋寺文書』を中心に
杉山、巌
1-19
清水寺・清水坂と室町幕府
細川、武稔
20-35
清代文書行政における内閣の政治的機能について - 日本・琉球関係档案を素材として
黨、武彦
36-49
<史料紹介>

東京大学史料編纂所所蔵『台記』仁平三年冬記
藤原、重雄/尾上、陽介
50-70
薬師寺所蔵『休岡八幡宮遷宮記録』について(上)
及川、亘
71-98
東京大学史料編纂所所蔵『中務大輔家久公御上京日記』
村井、祐樹
99-118
「藤谷家歴代当主等肖像画」について
松沢、克行
119-134
<史料調査報告>

台湾所在の民代文集および清代档案における日本・琉球関係記事について
渡辺、美季
135-147
<研究集会報告>日ロ関係史料をめぐる国際研究集会二〇〇五

宣教師ニコライの周辺
中村、健之介
148-161
宣教師ニコライの手帳について
ソロコフ、アレクサンドル
162-169
日本地図作成と水路測量調査の歴史 : ロシア国立海軍文書館所蔵資料より
ソボレフ、ウラジーミル
170-182
<研究集会報告>在外日本関係史料研究<国際研究集会報告>



日本学士院の国際学士院連合推薦事業と東京大学史料編纂所の海外(オランダ語)史料研究について
横山、伊徳
<1>-<2>
タナッププロジェクトと蘭日関係史研究
ブリュッセィ、レオナルド
<3>-<7>
十九世紀日蘭関係、史料とデータベース
ムスハルト、ヘルマン
<8>-<19>
成功か失敗か : 一八四四年オランダ国王ウィレム二世の親書
松方、冬子
<20>-<26>
貿易史研究から見たオランダ史料
石田、千尋
<27>-<35>
オランダ東インド会社日本商館文書における備前磁器貿易史料 : 一六五〇~七〇年代の医療製品取引に関する史料研究の再考
櫻庭、美咲
<36>-<49>
コメント
八百、啓介
<50>-<52>
アジアにおける体制変容 : アジア―ヨーロッパ交流の四世紀(寄稿)
ブリュッセィ、レオナルド
<53>-<56>
日蘭貿易における贈物の歴史的位置(寄稿)
フィアレ、シンシア
<57>-<78>
蘭学・地球温暖化・科学と帝国主義 : 歴史と気候、オランダ史料(寄稿)
塚原、東吾
<79>-<108>
<史料目録>ロシア所在日露関係史料目録
ヒョードロヴァ、タチアナ S.
<109>-<199>