東京大学史料編纂所

HOME > 過去のニュース&トピックス > 2010年度のニュース&トピックス

過去のニュース&トピックス

2010年度のニュース&トピックス


2011/03/22: 本日より、データベース検索を再開いたしました。
今後の予定につきましては、本所ホームページのニュース&トピックスにてお知らせします。
2011/03/16: 先日募集をしめきった助教採用試験について、現段階では予定通りの日程で実施するつもりです。ただし変更等もありうるので、受験者の方にはホームページのニュースにご注意ください。
2011/03/14: 3月11日(金)の地震の影響による停電への対応のため、当面のあいだ、予告なくサーバを停止することがあります。ご了承ください。
2011/03/09: 3月16(水)に共同利用・共同研究拠点課題「東京大学史料編纂所所蔵山科家旧蔵史料の調査研究」による研究会を開催いたします。
→地震の影響により、開催を中止いたします。
2011/02/07: 新システム移行により、2月7日に古記録フルテキストDB「小右記」を公開いたしました。
2011/02/01: 本年(2011年)2月1日に新システムに移行しました。
データベースの不具合などお気づきの点がございましたら、下の「お問い合わせ」よりeメールにてご一報ください。 電話での受付は致しておりませんのでご了承下さい。
2011/01/17: 1月28日(金)18時から、2月1日(火)9時までの間、リプレースに伴い、本所コンピュータシステムを全面的に停止いたします。
ご不便をおかけいたしますが、ご理解下さいますよう、お願い申し上げます。
2011/01/12: 1月22日(土)に共同利用・共同研究拠点課題「『覚禅鈔』諸本の調査研究」による研究会を開催しました。(会場:名古屋市博物館)。
2011/01/07: 2011年1月30日(日)・2月6日(日)・2月13日(日)・2月20日(日)に、科学研究費補助金(学術創成研究費)「目録学の構築と古典学の再生-天皇家・公家文庫の実態復原と伝統的知識体系の解明-」の主催による「陽明文庫講座 よみがえる宮廷文化」(共催:立命館大学、後援:財団法人陽明文庫・東京大学史料編纂所)を、立命館大学朱雀キャンパスにて、開講しました。
詳細は立命館大学のホームページ案内をご参照下さい。
2010/12/01: 本所図書室にて「松岡時敏関係文書」の公開を開始いたしました。 詳しくはこちらをご覧ください。
2010/11/22: 12月10日(金)に共同利用・共同研究拠点課題「『覚禅鈔』諸本の調査研究」による研究会を開催しました。
2010/11/12: 12月17日(金)江川文庫研究会「江川文庫古写真コレクション調査報告」を開催しました。
2010/10/13: 11月12日(金)・13日(土)に「第35回 史料展覧会」を開催しました。5年ぶりの所蔵史料の展示です。詳しくは こちら をご覧ください。
2010/10/05: 11月12日(金)国際研究集会「比較研究:『抗倭図巻』と『倭寇図巻』」を開催しました。
2010/08/25: 金石文拓本史料データベースを公開いたしました。 詳しくはこちら をご参考ください。
データベース検索へ
2010/08/24: イェール大学バイネキ貴重書図書館所蔵の「古文書貼り交ぜ屏風」が史料修復のため、本所に里帰りしました。 詳しくはこちら を御覧下さい。
2010/08/19: 9月24日(金)18時から27日(月)9時まで停電のため、本所のページへのアクセスが出来ません。
2010/08/06: しばらくの間、古記録フルテキストDB「小右記」の公開を停止いたします。ご不便をおかけいたしますが、ご理解くださいますよう、お願いいたします。
2010/07/01: 8月4日(水)オープンキャンパスのお知らせ
展示企画「特別公開・黄金に輝く『洛中洛外図屏風』」を開催しました。
2010/05/31: 共同利用・共同研究拠点としての活動を開始しました。
2010/05/21: 9月11日(土)シンポジウム 歴史のなかの地図Ⅴ「江戸と江戸城―市民社会と政治文化」を開催しました。
2010/05/21: 9月10日(金)「公開研究集会・見学会―モノ史料としての絵図を問い直す」を開催しました。
2010/05/11: 『画像史料解析センター通信』49号発行のお知らせ。詳しくは こちら を御覧ください。
2010/04/27: 中世記録人名索引DBに、『貞信公記』『九暦』『深心院関白記』『親長卿記』の データが追加されました。
2010/04/19: 東京大学史料編纂所 学術支援専門職員・学術支援職員の募集のお知らせ
2010/04/09: 5月24日(月) 日露関係史料をめぐる国際研究集会が開催されました。