東京大学史料編纂所

HOME > ご案内 > 教員一覧 > 研究業績

教員一覧

■氏名(かな) : 高橋 慎一朗(たかはし しんいちろう)
■所属 : 古文書・古記録部門 古文書室
■職位・学位 : 教授/博士(文学)
■研究テーマ : 日本中世の都市と寺院
■著書・論文 : 
  • 『中世の都市と武士』(吉川弘文館、1996年8月)
  • 『日本史リブレット 武家の古都、鎌倉』(山川出版社、2005年8月)
  • 『高志書院選書4 中世都市の力―京・鎌倉と寺社―』(高志書院、2010年3月)
  • 『Jr.日本の歴史 3 武士の世の幕あけ』(高橋典幸・末柄豊と共著。小学館、2010年12月)
  • 『武士の掟―「道」をめぐる鎌倉・戦国武士たちのもうひとつの戦い―』(新人物往来社、2012年2月)
  • 『北条時頼』(吉川弘文館、2013年8月)
  • 『日本中世の権力と寺院』(吉川弘文館、2016年9月)
  • 「醍醐寺と慈恩寺」(『西村山地域史の研究』33号、2015年9月)
■史料編纂 : 
  • 『大日本古文書 醍醐寺文書之十三』(2004年)
  • 『大日本古文書 醍醐寺文書之十四』(2007年)
  • 『大日本古文書 醍醐寺文書之十五』(2012年)
  • 『大日本古文書 醍醐寺文書之十六』(2015年)