東京大学史料編纂所

HOME > 編纂・研究・公開 > 共同研究 > 朱印船のアジア史的研究:一六~一七世紀、日本往来の「国書」と外交使節

研究種目名 基盤研究(B)
研究課題名 朱印船のアジア史的研究:一六~一七世紀、日本往来の「国書」と外交使節(15H03236)
研究期間 2015年度~2018年度
研究代表者  松方 冬子
研究目的 本研究は、一六~一七世紀のシナ海域における外交の標準的なあり方として「国書」外交が想定できるのではないか、との仮説のもと、諸事例の比較を行っている。「国書」の概念化はまだ途上であるが、本研究が注目するのは、(外交官ではなく)「手紙」が重きをなす外交においては途中の(使節自身や媒介者による)操作の可能性が大きく、その操作により、送り手・受け手双方が持っている自己中心的な世界観を両立させつつ関係を維持することが可能であったという側面である。また、東アジアでは、「国書」に用いる言語(漢文)が送り手と受け手で共有され、また、「国書」外交が通航管理と密接に結びついて運用されてきた結果、「華夷秩序」が強固にあるように見えていた、との見通しを得ている。
東南アジア大陸部では、一七~一九世紀に「王の書翰」(タイ語で「プララーチャサーン」、クメール語で「プレアリエチサー」)を送っていた痕跡が見られる。日本や中国から「朱印船貿易」「華夷秩序」等として見られていたものが、東南アジア側から見れば独自の慣習に基づいた行為であったとみることが可能である。
研究実績の概要
  • 2015年度
【2015年度】
二〇一五年度の具体的な活動内容は下記の通り。
○二〇一五年七月に第一回の研究会を開催した。発表タイトルは左記の通り。
岡本真「「相国寺書翰屛風」とその写本」
北川香子「一七~一八世紀クメール語書簡について」
川口洋史「一八世紀末から一九世紀前半のシャムにおける「国書」について」
蓮田隆志「ベトナムの対外通交統制の仕組みをめぐって」
橋本雄「勘合・牙符・文引・その他」
彭浩「近世日清通商における信牌システム」
原田亜希子「近世教皇庁をとりまく外交官」
清水有子「豊臣秀吉とルソン総督の「国書」」
松方冬子「朱印船をめぐる外交─『国書』と通航管理─」(発表順)
併せて、東京大学史料編纂所所蔵関係史料の閲覧も行った。
○二〇一五年八月に、Adam Clulow, The Company and the Shogun: The Dutch Encounter with Tokugawa Japan, New York: Columbia University Press, 2014の読書会(第二回朱印船科研研究会)を行った。出席者:清水有子、松方冬子、Joshua Batts, Birgit Tremml (発表順)。
○二〇一五年一〇月に、(第一部 地図研究会、第二部 『宗主権の世界史』読書会、第三部 近藤先生を囲む会)を開催した。
○二〇一六年一月、原田亜希子が、ヴァチカン図書館及びヴァチカン文書館における調査を行った。
○二〇一六年二月、歴史と史料の会共催で第五回朱印船科研研究会を開催し、松方冬子が「一七世紀オランダの外交とデン・ハーグ」のタイトルで報告した。
○二〇一六年三月、清水有子が、スペイン・インディアス総古文書館で史料調査を行った。
○同三月シアトルで開催されたAssociation for Asian Studies の第七五回Annual Conference でパネル報告を行った。
○なお、本研究は鹿島学術執行財団研究助成による研究「朱印船のアジア史的研究」と連動して活動している。同研究も含めた活動の全貌については、下記のサイトを参照されたい。
http://www.hi.u-tokyo.ac.jp/personal/fuyuko/kaken/shuinsen.html
備考