東京大学史料編纂所

HOME > 編纂・研究・公開 > 共同研究 > 朱印船のアジア史的研究:一六~一七世紀、日本往来の「国書」と外交使節

研究種目名 基盤研究(B)
研究課題名 朱印船のアジア史的研究:一六~一七世紀、日本往来の「国書」と外交使節(15H03236)
研究期間 2015年度~2018年度
研究代表者  松方 冬子
研究目的 本研究は、一六~一七世紀のシナ海域における外交の標準的なあり方として「国書」外交が想定できるのではないか、との仮説のもと、諸事例の比較を行っている。「国書」の概念化はまだ途上であるが、本研究が注目するのは、(外交官ではなく)「手紙」が重きをなす外交においては途中の(使節自身や媒介者による)操作の可能性が大きく、その操作により、送り手・受け手双方が持っている自己中心的な世界観を両立させつつ関係を維持することが可能であったという側面である。また、東アジアでは、「国書」に用いる言語(漢文)が送り手と受け手で共有され、また、「国書」外交が通航管理と密接に結びついて運用されてきた結果、「華夷秩序」が強固にあるように見えていた、との見通しを得ている。
東南アジア大陸部では、一七~一九世紀に「王の書翰」(タイ語で「プララーチャサーン」、クメール語で「プレアリエチサー」)を送っていた痕跡が見られる。日本や中国から「朱印船貿易」「華夷秩序」等として見られていたものが、東南アジア側から見れば独自の慣習に基づいた行為であったとみることが可能である。
研究実績の概要
  • 2016年度
  • 2015年度
【2016年度】
 二〇一六年度の具体的な活動内容は下記の通り。
○二〇一六年八月三一日~九月一日に、中華民国台北市中央研究院で開催された国際会議に松方が出席し、口頭報告を行った。
○一〇月に本科研メンバー三名およびロナルド・トビ氏の四名で、函館・江差・上ノ国・松前巡見を行った。
○一二月九日~一一日、東京大学東洋文化研究所にて、Global History Collaborative主催のワークショップTowards a Transcultural History of Diplomacyが開催され、松方が基調講演を行い、本科研メンバー四名が参加した。
○二〇一七年二月にタイ現地調査を行い、チュランロンコン大学の研究者と交流を行った。
○三月に韓国現地調査を行い、ソウル大学校、東亜大学校の研究者との交流も行った。
○三月に台湾中央研究院での史料調査を行った。
○三月に京都大学において、第八回朱印船科研研究会を開催した。
○謝金による、外国語史料の翻刻、翻訳を進めた。
○なお、本研究は鹿島学術執行財団研究助成による研究「朱印船のアジア史的研究」と連動して活動している。同研究も含めた、活動の全貌については、下記のサイトを参照されたい。
http://www.hi.u-tokyo.ac.jp/personal/fuyuko/kaken/shuinsen.html
備考