東京大学史料編纂所

HOME > ご案内 > 点検・評価

点検・評価

史料編纂所では、『東京大学史料編纂所所報』の「所員研究活動」にて、毎年の個人研究活動の報告を行っています。

教授在職10年の教授については、業績外部評価を行っています。

□ 過去の評価
対象者 『所報』掲載号(年次)
黒田日出男 教授 第37号(2002年発行)
宮地 正人 教授 第37号(2002年発行)
石上 英一 教授 第38号(2003年発行)
橋本 政宣 教授 第39号(2004年発行)
保立 道久 教授 第41号(2006年発行)
加藤 友康 教授 第42号(2007年発行)
吉田 早苗 教授 第45号(2010年発行)
久留島典子 教授 第46号(2011年発行)
林   譲 教授 第46号(2011年発行)
横山 伊徳 教授 第46号(2011年発行)
近藤 成一 教授 第46号(2011年発行)
山本 博文 教授 第47号(2012年発行)
榎原 雅治 教授 第47号(2012年発行)
佐藤 孝之 教授 第48号(2013年発行)
山家 浩樹 教授 第50号(2015年発行)
山口 英男 教授 第50号(2015年発行)

所全体を対象とした外部評価は、1996年(平成8)第1回、2001年(平成13)第2回、2003年(平成15)第3回、2009年(平成21)第4回を実施しました。