東京大学史料編纂所

HOME > 編纂・研究・公開 > 研究紀要 > 東京大学史料編纂所研究紀要第23号(2013年)

研究紀要

東京大学史料編纂所研究紀要第23号(2013年) 

             
標題
著者名
掲載ページ
<研究報告>

イェール大学所蔵播磨国大部庄関係文書について
近藤成一
1-21
益田氏系図の研究―中世前期益田氏の実像を求めて―
原慶三
22-42
地震絵巻に見る時空間表現と視覚効果―「江戸大地震之図」と「安政大地震災禍図巻」の比較―
植野かおり
43-65
幕府海軍から海軍水路部へ―赤門書庫旧蔵地図に残る初期海図の航跡―
鈴木純子
66-78
戦前期『石川県史』編纂における使用史料とその特色
梅田千尋
79-88
幕末・維新期における松江藩と隠岐預所の基礎的研究
岸本覚
89-106
編纂と文化財科学―大徳寺文書を中心に
保立道久・高島昌彦・江前敏晴・韓允煕・杉山巖・山口悟史・松尾美幸・谷昭佳・高山さ や か
107-148
<史料紹介>

東京大学史料編纂所所蔵「弘長三年春日若宮神主中臣祐賢記」(『春日社旧記』のうち巻六)
松村和歌子・藤原重雄
149-159
仁和寺蔵・覚道筆『灌頂記〈私〉』紙背和歌について
大内英範
160-167
綱光公記―寛正三年暦記(二)・寛正五年暦記(一)―
遠藤珠紀・須田牧子・田中奈保・桃崎有一郎
168-179
西尾市岩瀬文庫所蔵「東寺造営方評定引付」
貫井裕恵
180-186
『春日社司中臣祐範記』元和九年
幡鎌一弘・及川亘
187-211
史料編纂所所蔵『大外記中原師廉記』
金子拓・遠藤珠紀・久留島典子・久水俊和・丸山裕之
212-232
天龍寺妙智院所蔵『明国諸士送行』
岡本真・須田牧子
233-245
茶道宗徧流不審庵所蔵「冬基卿記」
松澤克行
246-262
史料編纂所所蔵『古文書目録』(『藤波家蔵文書記録目録』)
伴瀬明美
263-288
<研究集会報告>倭寇と倭寇図像をめぐる国際研究集会

『蒋洲咨文』について
須田牧子
289-295
『抗倭図巻』『倭寇図巻』と大内義長・大友義鎮
鹿毛敏夫
296-307
『太平抗倭図』の芸術上の特徴
陳履生
308-315
<研究集会報告>倭寇と倭寇図像をめぐる国際研究集会Ⅱ

戦勲と宦蹟―明代の戦争図像と官員の視覚文化―
馬雅貞
316-347
張鑑「文徵明畫平倭圖記」の基礎的考証および訳注―中国国家博物館所蔵『抗倭図巻』に見る胡宗憲と徐海?―
山崎岳
348-365
<研究集会報告>在外日本関係史料をめぐる国際研究集会

ドイツとオーストリアの文書館における日本関係史料
ペーター・パンツアァー
366-374