東京大学史料編纂所

HOME > 編纂・研究・公開 > 大日本維新史料

大日本維新史料

編年之部は、弘化3年(1846)2月の孝明天皇の践祚から明治4年(1871)7月の廃藩置県に至る25 年間の事件を、年次順にまとめた史料集です。総冊数は500 冊を予定していましたが、刊行事業は戦前段階に中断しています。現在は、一通り完成している維新史料稿本をマイクロフィルムの形で公開しています。

類纂之部では、彦根藩井伊家の史料を編纂しています。幕末の大老井伊直弼の史料が中心で幕末の政治史料として極めて豊富な内容をもっています。

【関連データベース】近世史編纂支援・維新史料綱要

編年之部 第1編   既刊7冊 弘化3年2月13日~弘化4年8月29日
                (1846 ~ 1847)
     第2編   既刊5冊 安政元年正月元日~同年3月5日(1854)
     第3編   既刊7冊 安政5年正月元日~同年5月晦日(1858)
類纂之部 井伊家史料 既刊29冊 文政3年~文久2年(1820 ~ 1862)