東京大学史料編纂所

HOME > ご案内 > 教員一覧 > 研究業績

教員一覧

■氏名(かな) : 岡本 真(おかもと まこと)
■所属 : 特殊史料部門
■職位・学位 : 助教/博士(文学)
■研究テーマ : 日本中世後期・近世初期対外関係史研究
■著書・論文 : 
  • 「天龍寺妙智院所蔵『入明略記』」(須田牧子氏と共著)『東京大学史料編纂所研究紀要』27、2017年3月
  • 「龍集戊寅八月日付遣朝鮮国書について」義堂の会編『空華日用工夫略集の周辺』義堂の会、2017年3月
  • “Correspondence between Cambodia
    and Japan in the Seventeenth and Eighteenth Centuries”, written jointly with Takako Kitagawa, Memoirs of the
    Research Department of the Toyo Bunko, No. 73, 2015
  • 「天文年間の種子島を経由した遣明船」『日本史研究』638、2015年10月
  • 「通事」「医者」村井章介編集代表『日明関係史研究入門――アジアのなかの遣明船』勉誠出版、2015年10月
  • 「17世紀初頭カンボジア-日本往復書簡について」(北川香子氏と共著)『東南アジア―歴史と文化』44、2015年5月
  • 「「堺渡唐船」と戦国期の遣明船派遣」『史学雑誌』124-4、2015年4月
  • 「一休と遣明船」東京大学史料編纂所編『日本史の森をゆく』中央公論新社、2014年12月
  • 「宮内庁書陵部所蔵『策彦周良等往来雑記』(須田牧子氏と共著)『東京大学史料編纂所研究紀要』24、2014年3月
  • 「堺商人日比屋と一六世紀半ばの対外貿易」中島楽章編『南蛮・紅毛・唐人――一六・一七世紀の東アジア海域』思文閣出版、2013年12月
  • 「The Philippine Islands 1493-1898所収日本関係史料(1567-1586)」『九州大学東洋史論集』41、2013年3月
  • 「天龍寺妙智院所蔵『明国諸士送行』」(須田牧子氏と共著)『東京大学史料編纂所研究紀要』23、2013年3月
  • 「目録からみた妙智院旧蔵策彦周良入明関係史料」『中世政治社会史論叢』東京大学大学院人文社会系研究科・文学部日本史学研究室、2013年3月
  • 「外交文書よりみた14世紀後期高麗の対日本交渉」佐藤信・藤田覚編『前近代の日本列島と朝鮮半島』山川出版社、2007年
■講演・報告 : 
  • “Transformation of diplomacy and trade in Japan during the 16-17th century”, The Asian Studies Conference Japan (ASCJ) 2016, International Christian University, July 2, 2016
  • “15~16世紀日明関係における通事 Interpreters in 15-16th Century Sino-Japanese Relations”, the 14th Conference of EAJS, University of Ljubljana, Slovenia, Augst 28, 2014
  • 「17~18世紀柬埔寨国書の分析」(北川香子氏と共同報告)、東南アジア学会関東4月例会、於東京外国語大学本郷サテライト、2014年4月26日
  • “The Hibiya Family and the Japan-China Trade in the Mid-sixteenth Century”, the 8th International Convention of Asia Scholars (ICAS8), Macau, China, June 25, 2013
  • 「堺商人日比屋一族とその貿易活動――16世紀半ばにおける日明貿易の変容とその連続性」 科研費基盤研究(B)「西欧・中国・日本史料による16-17世紀東アジア海域史の総合的研究」(中島楽章代表)・科学研究費基盤研究(S)「ユーラシアの近代と新しい世界史叙述」(羽田正代表)共催国際シンポジウム「南蛮・紅毛・唐人――東アジア海域の交易と紛争」、於東京大学東洋文化研究所、2013年1月12日
■史料編纂 : 
  • 『日本関係海外史料 イエズス会日本書翰集』訳文編之3、2014年3月
■その他 : 
  • 「2015年の歴史学界――回顧と展望―― 日本・中世四・対外関係史」『史学雑誌』125-5、2016年5月