東京大学史料編纂所

HOME > 編纂・研究・公開 > 共同研究 > マルチアーカイヴァル的手法による在外日本関係史料の調査と研究資源化の研究

研究種目名 基盤研究(S)
研究課題名 マルチアーカイヴァル的手法による在外日本関係史料の調査と研究資源化の研究(26220402)
研究期間 2014年度~2018年度
研究代表者 保谷 徹
研究目的 本研究では、東京大学史料編纂所が所蔵する主に一六世紀から一九世紀末頃までの海外マイクロフィルム(二〇か国・七〇機関以上、約一五〇万コマ)をデジタルアーカイヴズ化し、多言語対応可能な検索閲覧システムの開発を行うとともに、国内に所在する対外関係・対外交渉史料を含む採訪史料群(約五〇〇万コマ)や主要な編纂外交史料集(清書本・写本)を収め、海外史料と国内史料を関連付けて横断的に検索する機能の開発を検討する。さらに在外日本関係史料の重点的な調査・収集と分析に基づき、日本史を世界史的視座から見るマルチリンガル、マルチアーカイヴァルなプロジェクト研究を推進する。かかる研究を通じて史料の補充と新規収集を進め、構築したデジタル研究資源の蓄積と活用につとめて、これを新たな学術資源として市民・研究者へ公開し利活用をはかることを目的とする。
研究実績の概要
  • 2018年度
  • 2017年度
  • 2016年度
  • 2015年度
  • 2014年度
【2018年度】
 (1)デジタルアーカイヴズ構築班では、メタデータ付与作業に関する検討会を数次開催しつつ、データ登録作業について検討をおこなった。作業はおおむね、①データサーバへのアップロード、②ファイル単位のメタデータ入力(簡易目録)、③史料アイテム単位のメタデータ(一点目録)入力に分かれ、さらに国内採訪による対外関係・対外交渉史料マイクロフィルムのデータ入力がこれに加わった。
 登録作業は、海外マイクロフィルム全二七三九本のサーバ登録を完了し、簡易目録ベースでの公開を行った。最終的に海外マイクロフィルムの画像データは一六五万コマを数え、新規収集分を含めて約六八万コマを公開データに追加し、累計二三三万コマとなった。
 また、英国外務省対日一般外交文書(FO46)、さらに長崎県立図書館(現長崎歴史文化博物館)所蔵長崎奉行所幕末維新関係史料等について、一点目録の作成および登録をおこなった。これらの画像データはHi-CAT Plus(採訪史料の検索閲覧用システム)から所内での公開運用を開始している。社会連携・地域連携の試みとして、英国外務省文書FO46・FO262(TNA原蔵)計五二万コマについて、横浜開港資料館と連携してデジタル化し、本所と開港資料館双方の閲覧室端末での公開を開始した。【デジタルアーカイヴズ構築班】
(2)五月二一日、本所と日本学士院(塩野宏院長)共催による「日露関係史料をめぐる国際研究集会」を実施した(参加者五〇名)。報告は以下の三本である。ロシア科学アカデミー東洋古籍文献研究所ワジム・クリモフ上級研究員「日露関係のなかで成立しなかったことの歴史から-レザノフ使節がもたらし日本人が受取らなかったロシアの贈り物-」、ロシア国立海軍文書館ワレンチン・スミルノフ館長「『日本の諸港に来るロシアの軍艦は皆この国が友好国だと感じる‥』(明治期の日露関係エピソードの数々)」、ロシア国立歴史文書館セルゲイ・チェルニャフスキー館長「天皇睦仁に関する情報(ロシア国立歴史文書館所蔵文書より)」。
 この詳細については、別項(史料編纂所主催研究集会等)をご覧いただきたい。なお、文書館長らは、研究集会に先立って日本学士院を訪問して塩野宏院長・斯波義信会員らと懇談している。また、報告者らは研究集会の翌日から福山・広島へ出張し、広島県立歴史博物館(福山市)において、第1報告にあった「レザノフ屛風」(同館寄託資料)の調査・見学をおこなった。また、広島平和記念資料館をはじめ、ロシアゆかりの史跡を見学した。この三報告は年度末に刊行された『東京大学史料編纂所研究紀要』第二九号に収録された。
 なお、歴史文書館から「日本・中国・朝鮮関係史料解説目録2」(露語)を受理した。大蔵省フォンドから一二〇一件。さらに歴史文書館・海軍文書館から計六〇〇コマ余のデジタルデータを受理した。
(3)五月二八日、本所と日本学士院(塩野宏院長)共催による「日露関係史料をめぐる国際研究集会2」を実施した(参加者五〇名)。報告は、保谷徹「在外日本関係史料の調査事業とロシアにおける日本コレクション」、ロシア科学アカデミー東洋古籍文献研究所ワシーリー・シェプキン上級研究員「長崎に限らない-近世日本古典籍がロシアに渡った経緯について-」。このうち、シェプキン報告は年度末に刊行された『東京大学史料編纂所研究紀要』第二九号に収録された。
(4)ロシア科学アカデミー東洋古籍文献研究所との共同研究として、サハリンアイヌとの交易帳簿の日露両国語による出版公開の準備をおこなっている。本年度もクリモフ研究員を東京へ招聘して翻訳作業をおこなった。 (5)粗訳が完了したロシア海軍文書館所蔵のリハチョフ日記(一八六一~六二)の翻訳精度をあげる作業を実施し、史料集としての公開を目指している。
(6)一一月一六日、画像史料解析センター主催による「倭寇と倭寇図像をめぐる国際研究集会」を開催し、台湾国立故宮博物院研究員の邸士華氏から「黄彪-彼は蘇州片の画家なのか?」の報告があった。本報告は、『東京大学史料編纂所附属画像史料解析センター通信』八五(二〇一九年四月)に掲載された。
(7)ロシア連邦サンクトペテルブルク市へ出張し、日本関係史料の調査・収集および共同研究の打ち合わせ等をおこなった(九~一〇月)。訪問先は、ロシア国立歴史文書館・同海軍文書館・ロシア科学アカデミー東洋古籍文献研究所・ロシア国立サンクトペテルブルク図書館、同海軍中央博物館 (以上、サンクトペテルブルグ市)ほか。詳細は採訪報告を参照されたい。
【以上、ロシアⅠ・Ⅱ班】
(8)六月三日、北海道大学アイヌ・先住民研究センター等との共催により、「日露国際研究集会-コレクション形成史からみる日露関係史Ⅱ~北の東西交流」を開催した。研究分担者谷本晃久教授やロシア科学アカデミー東洋古籍文献研究所ワシーリー・シェプキン上級研究員をはじめ、八人の研究者から八本の報告が行われた。【ロシアⅢ班】
(8)古写真研究プロジェクト(保谷代表)、谷科研(基盤研究C)と連携し、日本関係古写真史料調査の実施に協力した。ロシア(モスクワ・サンクトペテルブルク・ユジノサハリンスク)で外務省が開催した日露関係写真展示に協力した。NHKスペシャル(四月)や放送大学の番組(一一月)となるなど、社会的反響も大きかった。【欧米補充調査班・古写真班】
(9)ハワイ班では、ハワイ史料については、読売新聞等で大きく取り上げられた。【ハワイ班】
(10)ポルトガル国立文書館が所蔵するモンスーン文書の英文目録を作成し、岡美穂子編『東京大学史料編纂所研究成果報告書2018-5 ポルトガル・トルレ・ド・トンボ国立公文書館所蔵 『モンスーン文書』の研究と目録(vol.1-vol.30)』(CD付報告書)を刊行した【南欧班】。
備考