東京大学史料編纂所

HOME > 編纂・研究・公開 > 共同研究 > 和紙の物理的分別手法の確立と歴史学的データベース化の研究

研究種目名 基盤研究(B)
研究課題名 和紙の物理的分別手法の確立と歴史学的データベース化の研究(20300287)
研究期間 2008年度~2010年度
研究代表者 保立 道久
研究目的  本研究は、史料編纂所・東京大学農学生命科学研究科製紙科学研究室・九州国立博物館の連携の上に、これまで和紙研究の中心を担っていた人々に連携研究者・研究協力者として御参加をいただき、自然科学(製紙科学)的な立場から和紙の材質の研究を深め、古文書・記録の様式・機能に対応した料紙選択を解明し、史料学・文化財科学に貢献することを課題としている。特に文化財科学とそれに密接に関係する補修技術については、どのような修復紙を選ぶかを初めとして技術の根本に関わるので、できる限り客観的な情報を提供したいと考えている。
 前年度までの成果として、本研究の目的である歴史史料に使用された和紙の材質科学的な視点からの調査マニュアルとそれに対応した和紙材質記録システムを、歴史学研究者、自然系の製紙科学研究者、そして修復技術者(コンサヴェーター)の共同によって作成した。
研究実績の概要
  • 2010年度
  • 2009年度
  • 2008年度
【2010年度】
今年度の具体的な成果として⑴純繊維紙、澱粉紙、柔細胞紙という楮紙の三大分類基準を作成し、⑵分類の境界例に注意しつつ、上記分類の細分類の研究をふかめ、⑶対応する和紙繊維の顕微鏡典型画像を作成して、以上を和紙科研のホームページを構築して公開した。
 とくに本年度において重要であったのは、楮の柔細胞が繊維間に膜を作る様相の調査・撮影に成功したことである。これによってHP掲載の画像と文書調査携帯用の100倍顕微鏡の目視画像を比較することが可能となった。純繊維紙、澱粉紙、柔細胞紙が顕微鏡ではどのように見えるか、楮紙分類の物理基準を提供しえたと考える(上記の顕微鏡画像には、王子製紙株式会社・研究開発本部、東雲研究センターの御協力をえて撮影したものもふくまれている)。なお、「文化財統合管理システム」のシステム内に集積した(人文科学研究科所蔵)東大寺文書200点についての目録・各種写真・紙質データの整理がおわり、上記システムにもとづいて大徳寺その他においても文書料紙の調査を行って、データをふやした。また、繊維配向性分析にもとづく文書表裏の分析方法など関係の技法についても、学会誌掲載の形で情報を公開した。
 以下、リストを掲げる。
保立道久・江前敏晴・高島晶彦「中世大徳寺文書に見る和紙の表裏と書状の関係」『日本史研究』579号、2010年
江前敏晴・保立道久 "Mechanisms of perception of laid lines in Japanese paper"。Journal of Wood Science、56(5)、2010年
保立道久・江前敏晴・高島晶彦「繊維配向性分析による大徳寺文書料紙の抄紙技術の推定」『情報考古学』17 ⑴、2011年
藤田励夫「韓日古経典の料紙と形態」『仏教美術史研究』(韓国)11号、2011年
備考