東京大学史料編纂所

HOME > 編纂・研究・公開 > 所報 > 『東京大学史料編纂所報』第39号(2003年)

滋賀県中主町安治区所蔵「条里小字図」 の撮影および関連史料の調査 (滋賀県安土町・中主町)

 二〇〇三年一二月一日より三日まで、滋賀県安土町・中主町に出張し、『日本荘園絵図聚影』に補遺として収載予定の中主町安治区所蔵「条里小字図」の撮影、および関連史料の調査を行った。安治区所蔵史料は、現在滋賀県立安土城考古博物館に寄託されており、同館において、「条里小字図」およびその関連史料となる同区所蔵絵図類の4×5撮影に立ち会ったほか、絵図原本の精査を行った。また中主町において、同町公民館に所蔵されている中主町内小字図の写真閲覧を行い、あわせて安治区の現地調査を行った。なお、調査・撮影においては、安土城考古博物館学芸員高木叙子氏、中主町教育委員会辻広志氏の協力を得た。記して謝意を表する。

            (井上 聡・久留島典子・西田友広・前川祐一郎)


『東京大学史料編纂所報』第39号p.75