東京大学史料編纂所

HOME > 編纂・研究・公開 > 所報 > 『東京大学史料編纂所報』第39号(2003年)

仙台市所在金石文史料の調査

 〇二年一二月一二日より一六日まで、仙台市内所在金石文の拓本サンプル採集および宮城県立図書館所蔵金石文拓本の史料カード作成を行った。
 本調査は、九八年度より発足した、画像史料解析センタープロジェクト「金石文拓本史料の整理と公開」の一環として実施したものである。仙台市内所在金石文拓本サンプルの採集は、二〇〇〇年度をもっていったん終了したが、今回は補足調査として、本調査において採集できなかった金石文について調査を行った。以下に本年度の採集拓本目録を示す。なお、本調査にご協力賜った、七海雅人(画像史料解析センター共同研究員)・佐々木徹(東北大学大学院) 両氏に厚く御礼申し上げる。

仙台市所在板碑(『仙台市史』所収、資料番号のみ付す)
   資料名          資料番号
一 入山板碑群1号碑      B2-1
一 入山板碑群2号碑      B2-2
一 入山板碑群3号碑      B2-3
一 入山板碑群4号碑      B2-4
一 入山板碑群5号碑      B2-5
一 原館跡板碑群1号碑     Dl-1
一 原館跡板碑群2号碑     Dl-2
一 同心町板碑         E10
                       (金子 拓・菊地大樹)


『東京大学史料編纂所報』第39号p.58