東京大学史料編纂所

HOME > 編纂・研究・公開 > 所報 > 『東京大学史料編纂所報』第10号(1975年)

長崎県立長崎図書館史料調査

 対馬(長崎県上県郡・下県郡)には、多くの中世文書が伝来していることが確認されていたが、本所でこれまで採訪されている対馬関係史料としては、内山文書・斎藤文書・島雄成一氏所蔵文書・平山文書・山下政清氏所蔵文書・吉村啓氏所蔵文書・豆酘文書・津原前氏所蔵文書・対馬島庁所蔵文書・梅野喜一郎氏所蔵文書・比田勝文書等の影写本、金剛院文書・初村家文書・一宮家文書の写真帖、大正八年平泉澄氏によって採訪された対馬採訪文書、昭和二十五年竹内理三氏が採訪された対馬古文書纂三冊の謄写本、九州大学九州文化史研究施設所蔵宗家御判物写三十三冊のエレファックス版などがある。これ以外にもなお多くの史料が現地に所蔵されているところから、その採訪が要望されていたが、離島であることと島内の交通事情から容易に実現しなかった。ところが国士館大学・長崎県立長崎図書館でも、前者は中世文書を中心に、後者は全島を各時代を通じて網羅的に採訪してフィルムに収める作業を行っておられることから、その焼付を購入することにより、本所の対馬関係史料を整備することになった。国士館大学の採訪は、昭和四十二年および四十三年の二ヶ年間に、故黒田省三教授を中心に主として中世文書に重点を置いて採訪されたものであるが、同大学村田正志教授の御厚意により撮影フィルムを借用し、すべて焼付を行った。また長崎県立長崎図書館でも、昭和四十二年以来継続事業として、対馬の史料を網羅的にフィルムに収める作業を進められ、昭和四十九年度までに、既に約四万コマの撮影を完了している。そこで国士館大学で未撮影の史料を長崎図書館のフィルムによって補充することを意図し、長崎図書館のフィルムのなかから国士館大学で既に撮影した分を除外する作業を行い、中世文書を中心に約二万コマの焼付を依頼した。長崎図書館のフィルムよりの焼付は、国士館大学のフィルムよりの焼付と合せて所蔵者の地域別に整理し、「対馬古文書」一〇一冊として通し番号を付して入架する予定である。史料所蔵者の目録、収録されている巻数番号、所蔵者五十音索引表は次の通りである。
対馬古文書所藏者目録并対照表

文書名      所蔵者    対馬古文 国士館大学   長崎県立図書館 備考
        住所氏名    書卷数  フイルムによる フイルムによる
万松院宗家文庫 厳原町国分         
        万松院     1〜2    ○
公民館文書   厳原町今屋敷
        厳原公民館   3〜8    ○
醴泉院文書   厳原町天道茂醴泉院
        安藤良俊 9〜11      ○
杉村文書    厳原町天道茂
        松村泰岳   12〜24   ○
八幡宮神社文書 厳原町今屋敷                     津島紀事
        八幡宮    25〜29   ○           1〜13
下田文書    厳原町日吉                      対馬採訪文書
        下田稔       30   ○
中村直城文書  厳原町大手橋
        中村直城      30   ○
寺田文書    厳原町宮谷
        阿比留竜雄     31   ○
斎藤定樹文書  厳原町今屋敷                     影3071・93−8
        斎藤定樹   32〜34   ○      ○    対馬採訪文書
大山小田文書  厳原町田渕
        庄司シナ      35   ○
阿比留修文書  厳原町豆酘                      対馬古文書纂
        阿比留修      35   ○
小森左京文書  厳原町豆酘
        小森左京      35   ○      ○
小森藤枝文書  厳原町豆酘
        小森藤枝      35   ○      ○
主藤寿文書   厳原町豆酘                      影豆酘文書
        主藤寿       36   ○           3071・93−18
主藤仁文書   厳原町豆酘                      影豆酘文書
        主藤仁       36          ○    3071・93−18
                                   対馬採訪文書、対馬古文書纂
金剛院文書   厳原町豆酘
        金剛院       36   ○
岩佐文書    厳原町豆酘
        岩佐兵部      37   ○
本石文書    厳原町豆酘
        本石佐市      37   ○
久和文書    厳原町豆酘瀬
        久和兵治      37   ○      ○
初村文書    厳原町久根田舎
        初村泰男      37   ○
川上文書    厳原町内院
        川上直与      37   ○
井田文書    厳原町樫根
        井田繁道      38   ○      ○
長瀬文書    厳原町椎根
        長瀬正和      38   ○
高松文書    厳原町佐須奈
        高松茂久      38   ○
一宮文書    厳原町宮谷
        一宮峰夫   39〜40          ○
柴田文書    厳原町宮谷
        柴田茂雄   41〜43   ○
島雄虎雄文書  厳原町阿須                      影3071・93−18
        島雄虎男      44          ○    対馬採訪文書
綱崎文書    厳原町久根田舎
        綱崎幹夫      45          ○
勝村文書    厳原町上槻
        勝村キヨノ     45          ○
大石文書    美津島町今里
        大石從郎      46   ○
早田盛太文書  美津島町尾崎
        早田盛太      46   ○
井文書     美津島町尾崎
        井資近       46   ○
日下部文書   美津島町尾崎
        日下部信磨     46   ○
中尾文書    美津島町尾崎
        中尾治雄      46   ○
神宮文書    美津島町鶏知
        神宮英巳      46   ○      ○
津原文書    美津島町賀谷                     影3071・93−13
        津原和義      46   ○           津原前氏所蔵文書
早田左弥太文書 美津島町小船越
        早田左弥太     46   ○
仁位信義文書  豊玉村仁位
        仁位信義      47   ○      ○
仁位正雄文書  豊玉村仁位                      対馬古文書纂
        仁位正雄      47   ○      ○
山上文書    豊玉村仁位
        山上睦       47   ○
佐伯永之文書  豊玉村仁位
        佐伯永之      47   ○
国分保之文書  豊玉村仁位
        国分保之      47   ○
長岡文書    豊玉村仁位 
        長岡公       47   ○
国分八郎太文書 豊玉村卯麦 
        国分八郎太     48   ○
阿比留政信文書 豊玉村唐洲 
        阿比留政信     48   ○
一宮多聞文書  豊玉村曽   
        一宮多聞      49   ○
村瀬正明文書  豊玉村貝口 
        村瀬正明      49   ○
阿比留正雄文書 豊玉村貝鮒 
        阿比留政雄     49   ○
平山タミ文書  豊玉村田   
        平山タミ      49   ○
村瀬敬三文書  豊玉村小綱 
        村瀬敬三      49   ○
佐伯智文書   豊玉村嵯峨 
        佐伯智       49   ○
松尾豪文書   豊玉村仁位 
        松尾豪       49   ○
阿比留邦雄文書 豊玉村唐洲 
        阿比留邦雄  50・51          ○
妙憧寺文書   豊玉村仁位 
        妙憧寺       52          ○
梅野太郎文書  豊玉村曽   
        梅野太郎      52          ○
梅野一雄文書  豊玉村曽   
        梅野一雄      52          ○
安野和吉文書  豊玉村小綱 
        安野和吉      52          ○
青木文書    豊玉村唐洲 
        青木智直      52          ○
波多野直行文書 豊玉村大綱 
        波多野直行     53          ○
波多野克己文書 豊玉村志多浦 
        波多野克己  54・55          ○
村瀬唯一郎文書 豊玉村小綱  
        村瀬唯一郎     56          ○
松村文書    峯 村三根                      対馬古文書纂
        松村国智   57〜61   ○      ○
阿比留学文書  峯 村三根浜 
        阿比留学      62   ○
阿比留創文書  峯 村志多賀 
        阿比留創      63   ○
長野文書    峯 村志多賀 
        長野実       64   ○
津江文書    峯 村志多賀 
        津江素直      64   ○
小田文書    峯 村志多賀 
        小田筐和      64   ○
八坂文書    峯 村志多賀 
        八坂秀己      64   ○
安藤文書    峯 村吉田 
        安藤茂喜      65   ○
薦田文書    峯 村吉田 
        薦田正人      65   ○
龍造寺速文書  峯 村吉田                      対馬古文書纂
        龍造寺速      65   ○
永留文書    峯 村木坂 
        永留久恵      65   ○
国分哲士文書  峯 村吉田 
        国分哲士   66〜67   ○      ○
島居岩男文書  峯 村木坂 
        島居岩男      68   ○      ○
島居伝文書   峯 村木坂                      対馬古文書纂
        島居伝       69          ○
島井文書    峯 村木坂 
        島井康男      69   ○
瀬尾文書    峯 村木坂 
        瀬尾玉置      69   ○
島屋文書    峯 村木坂 
        島屋徹       69          ○
龍造寺誠文書  峯 村吉田 
        龍造寺誠      70          ○
円通寺文書   峯 村佐賀円通寺 
        長留寛仲      70   ○
中村国政文書  峯 村吉田 
        中村国政   71〜72          ○
阿比留弥七郎  上県町伊奈
文書      阿比留弥七郎    73   ○
武田家幸文書  上県町伊奈 
        武田家幸      73   ○      ○
佐護正毅文書  上県町深山 
        佐護正毅      74   ○
阿部文書    上県町志多留 
        阿部泉       74   ○
川本文書    上県町樫滝 
        川本源盛      74   ○
市山文書    上県町女連 
        市山定男      74   ○
大石文書    上県町深山 
        大石政利      75   ○      ○
武田吉郎文書  上県町佐須奈 
        武田吉郎      75   ○
小野文書    上県町伊奈 
        小野高光      75          ○
八島文書    上県町佐須奈 
        八島三�      76   ○      ○
豊田昌由文書  上県町越高 
        豊田昌由      77   ○
豊田清益文書  上県町友谷 
        豊田清盛      77          ○
佐護ウメ文書  上県町恵古 
        佐護ウメ      78          ○
古藤文書    上県町志多留 
        古藤章       79          ○
佐護光義文書  上県町深山 
        佐護光義      79          ○
平山將監文書  上県町志多留 
        平山將監      80          ○
扇文書     上対馬町小鹿 
        扇浅太郎      81   ○
米田文書    上対馬町琴 
        米田匡       82   ○
糸瀬文書    上対馬町五根緒 
        糸瀬学       82   ○
古藤倭生文書  上対馬町五根緒
        古藤倭生      82   ○
大浦隆典文書  上対馬町大浦
        大浦隆典      83   ○
大浦一泰文書  上対馬町河内
        大浦一泰   84・85   ○           対馬古文書纂
比田勝雋文書  上対馬町比田勝                    影3071・93—11
        比田勝雋      86   ○      ○    対馬古文書纂
比田勝千之文書 上対馬町比田勝
        比田勝千之     87   ○
平山茂吉文書  上対馬町比田勝                    影3071・93—10
        平山茂吉      88   ○      ○   
洲河文書    上対馬町豊                      対馬古文書纂
        洲河生虎真     89   ○
梅野文書    上対馬町泉 
        梅野文子      90   ○
糸瀬茂太    上対馬町唐舟志
文書      糸瀬茂太      90          ○
宮原秀之    上対馬町鰐浦
助文書     宮原秀之助     91          ○
宮原主     上対馬町鰐浦
文書      宮原主     92〜97         ○
網代文書    上対馬町網代
        網代懿     98・99         ○
玖須文書    上対馬町玖須
        玖須スエ子     100         ○
古里一行    上対馬町古里
文書      古里一行      100         ○
大浦政臣    上対馬町大浦
文書      大浦政臣      100         ○
島雄芳子    福岡県八女郡
文書      広川町新代
        島雄芳子      101  ○
財部文書    広島県大竹市
        財部年子      101  ○
御手洗     大分県大分郡
文書      湯布院町
        御手洗博之     101         ○

対馬古文書所藏者名索引(五十音順)
 所藏者名(巻数)

阿部文書(74)
阿比留(アビル)修文書(35)
阿比留邦雄文書(50・51)
阿比留創文書(63)
阿比留正雄文書(49)
阿比留政信文書(48)
阿比留学文書(62)
阿比留弥七郎文書(73)
網代(アジロ)文書(98・99)
青木文書(52)
安藤文書(65)
安野和吉文書(52)

井文書(46)
井田文書(38)
一宮多聞文書(49)
一宮峰夫文書(39・40)
市山文書(74)
糸瀬茂太文書(90)
糸瀬学文書(82)
岩佐文書(37)

梅野一雄文書(52)
梅野太郎文書(52)
梅野文子文書(90)

円通寺文書(70)

小田文書(64)
小野文書(75)
大石從郎文書(46)
大石政利文書(75)
大浦一泰文書(84・85)
大浦隆典文書(83)
大浦政臣文書(100)
大山小田文書(35)
扇(オオギ)文書(81)

勝村文書(45)
川上文書(37)
川本文書(74)

久和(クワ)文書(37)
玖須文書(100)
日下部文書(46)

小森左京文書(35)
小森藤枝文書(35)
古藤(コトウ)章文書(79)
古藤倭生文書(82)
公民館文書(3〜8)
国分(コクブ)哲士文書(66・67)
国分八郎太文書(48)
国分保之文書(47)
薦田(コモダ)文書(65)
金剛院文書(36)

佐伯智文書(49)
佐伯永之文書(47)
佐護(サゴ)ウメ文書(78)
佐護正毅文書(74)
斎藤定樹文書(32〜34)

柴田文書(41〜43)
島井文書(69)
島居岩男文書(68)
島居伝文書(69)
島雄(シマオ)虎雄文書(44)
島雄芳子文書(101)
島屋文書(69)
下田文書(30)
神宮(ジングウ)文書(46)

主藤(スドウ)仁文書(36)
主藤寿文書(36)
洲河文書(89)
杉村文書(12〜24)

瀬尾文書(69)

早田(ソウダ)左弥太文書(46)
早田盛太文書(46)

高松文書(38)
財部文書(101)
武田家幸文書(73)
武田吉郎文書(75)

津原文書(46)
津江文書(64)
綱崎文書(45)

寺田文書(31)

豊田清益文書(77)
豊田昌由文書(77)

中尾文書(46)
中村国政文書(71・72)
中村直城文書(30)
永留文書(65)
長岡文書(47)
長瀬文書(38)
長野文書(64)

仁位信義文書(47)
仁位正雄文書(47)

波多野克巳文書(54・55)
波多野直行文書(53)
八幡宮神社文書(25〜29)
初村文書(37)
万松院宗家文庫(1・2)

比田勝雋文書(86)
比田勝千之文書(87)
平山茂吉文書(88)
平山將監文書(80)
平山タミ文書(49)

古里(フルサト)文書(100)

松尾豪文書(49)
松村文書(57〜61)

御手洗文書(101)
宮原秀之助文書(91)
宮原主文書(92〜97)
妙憧寺文書(52)

村瀬敬三文書(49)
村瀬唯一郎文書(56)
村瀬正明文書(49)

本石文書(37)

八坂文書(64)
八島文書(76)
山上文書(47)

米田文書(82)

龍造寺速文書(65)
龍造寺誠文書(70)

醴泉院文書(9〜11)

 なおこのほかに明治末から大正初期にかけて對馬全島の史料採訪を行った内野対琴の採訪記録『反故廻裏見』二十四冊の焼付を依頼して購入したが、(ほごのうらみ)その中には既に原本が散佚している中世文書の写や古老の聞書等が多く引用されており、貴重な記録であるばかりでなく、当時の史料採訪の苦心の様子を述べた興味ある記録である。『反故迺裏見』は元来二十六冊あったものと考えられるが、長崎県立図書館のフィルムでは二十四・二十五の二冊分が欠けている。(田中健夫・瀬野精一郎)


『東京大学史料編纂所報』第10号p.93