東京大学史料編纂所

HOME > 編纂・研究・公開 > 所報 > 『東京大学史料編纂所報』第10号(1975年)

細川家史料調査

 四十九年度出張として、熊本大学附属図書館に寄託されている財団法人永青文庫所蔵の細川家史料の調査を行なった。「大日本近世史料 細川家史料」は一〜四をもって豊前時代を終り、次回刊行の五以降は肥後時代にはいることになる。これにともなって編纂に必要な参考史料等も大幅に変るので、それらの調査収集と、寛永期を中心とする藩政史料全般の補充調査が、今回出張の目的であった。
 細川家が肥後に入国後の事情を直接に伝えるものは「日帳」「覚帳」「奉書」などの、当時の帳簿類である。しかしこれらの藩庁記録は完全な形では残存していない。そこで、細川家から幕府要路者や他の大名旗本諸家に送られた書状案を収録した「公儀御書案文」、忠利が奉行衆に与えた諸達類を収録した「御国御書案文」等が重要な参考史料となろう。
 なお細川家史料中には、直接同家に関係する史料ではないが、他家史料の写本類が若千蔵されている。保存状態がとりわけ悪かったために開披できなかったり、虫損が甚だしいために判読不能の文書も多いが、筆写年代は近世初期を下らぬものと判定されるものが多い。その中には織田信長書状写(木下秀吉宛・蜂須賀彦右衛門宛)、豊臣秀吉勅答案(菊亭右大臣宛)、豊臣秀吉刀狩令写(羽柴柳川侍従宛)なども含まれている。細川家史料の編纂には直接関係はないが、これらの史料も併せて調査した。今回調査の結果借用した史料及び写真撮影した史料は左の通りである。  

借用史料
 公儀方御書案文 寛永拾年                        一冊
 公儀御書案文 寛永拾壱年                        一冊
 御国御書案文 寛永拾年                         一冊
 御国御書案文 寛永拾壱年                        一冊
 奉書 寛永拾壱年・拾弐年                        一冊
 奉書 寛永拾参年・拾四年                        一冊
 日帳 寛永拾参年                            一冊
 表紙無之(日帳、寛永拾弐年)                      一冊
 公堂雑記 四—十三                          一〇冊
 寛永十三年より正保二年迄忠利公光尚公より家老御奉行等へ之御書案     一冊
                                   計十九冊
写真撮影史料
 北岡文庫蔵書目録 参                          一冊
 覚帳 寛永十三年                            一冊
 切支丹并異国船記録 寛永—明暦                     一冊
 切支丹并異国船記録 寛永十一年—延宝二年                一冊
 幽斎公江奉請御掟条々 加々山隼人                    一冊
 奉得御掟覚書 元和九年六月十九日                    一冊
 奉公人江申渡覚 正保二年                        一通
 日付之者申渡覚 正保二年                        一通
 覚 (七ヶ条)                             一通
 覚 (�目)                              二通
 江戸御普請中条々 寛永十一年十二月晦日                 一通
 留守中自然之儀茂在之時之ため申置覚 (正保二年二月十五日)       一通
 雑録 (古文書集)                           二冊
 書札口伝書                               三冊
 竜涎香之方 小田豊斎宛                         一通
 曽我古祐叙位宣旨                            一通
 諸御郡御蔵納御給知当御免一紙目録                    一通
 当御免四ツ二厘余ニ相定候小前之覚                    一通
 深川佐賀町御屋敷御内当分被成御借用候御掛合書 (天保三年)       二冊
 熊本城下地図                              四舗
 豊臣秀吉勅答書案 菊亭右大臣宛                     一通
 豊臣秀吉刀狩令写 羽柴柳川侍従宛                    二通
 信長公御書写 信長公美濃地ニ要害ヲ被成御拵初木下藤吉郎殿被召置候時之御定
                                     一通
 信長公御書写 (秀吉・蜂須賀彦右衛門宛)                一巻
 加藤忠広家中人数附                           一冊
 ふせきぬ 小形                             一点
 薄母衣 小形外ニ書付                          一点
 

                     (村井益男・加藤秀幸・長谷川成一)


『東京大学史料編纂所報』第10号p.92