東京大学史料編纂所

研究種目名 若手研究(A)
研究課題名 アジア地域史研究資源としてのポルトガル編年史料典籍とモンスーン文書の研究(26704007)
研究期間 2014年度~2018年
研究代表者 岡 美穂子
研究目的 自然災害、戦争、気候等の問題により、近代以前の史料の残存状況が良いとは言い難いアジア諸地域史の研究において、それらの地域を訪れたヨーロッパ人が書き残した記録は非常に有益な情報源である。ヨーロッパ勢力ではじめて本格的なアジア進出を果たしたポルトガル人の手で残された記録は、豊かな情報を有しながらも、本邦では存在すら知られていないものが多々ある。本研究では、広範囲なアジア史研究に有益なポルトガル語史料及び史書の歴史資源化を通じて、アジアの歴史像を新たな視点から描き出すことを目的とする。
研究実績の概要
  • 2017年度
  • 2016年度
  • 2015年度
  • 2014年度
【2017年度】
 自然災害、戦争、気候等の問題により、近代以前の史料の残存状況が良いとは言い難いアジア諸地域史の研究において、それらの地域を訪れたヨーロッパ人が書き残した記録は非常に有益な情報源である。ヨーロッパ勢力ではじめて本格的なアジア進出を果たしたポルトガル人の手で残された記録は、豊かな情報を有しながらも、本邦では存在すら知られていないものが多々ある。本研究では、広範囲なアジア史研究に有益なポルトガル語史料及び史書の歴史資源化を通じて、アジアの歴史像を新たな視点から描き出すことを目的とする。
 本年の研究では、研究成果公開に向けて、研究をまとめることを主軸に活動をおこなった。英文単著の刊行作業を優先させ、現在凡その原稿が完成している。また四月には、これまでの研究の一部として『大航海時代の日本人奴隷』(中央公論新社)をルシオ・デ・ソウザと共著で刊行し、メキシコ国家文書館・ポルトガル国立文書館のアジア・日本関係史料の有益性を同書の中で示した。また他にも英語での成果刊行に努め、うち一本は、NanbanTrade and Shuinsen Trade in 16th and 17th Century Japan, Perez Garcia,M. & De Sousa, L. (ed), Global History and New Polycentric Approaches,Palgrave Macmillanとして刊行され、オンライン公開ではすでに三〇〇〇件以上ダウンロードされている。
備考