東京大学史料編纂所

HOME > 編纂・研究・公開 > 共同研究 > 地図史料学の構築―前近代地図データ集積・公開のために―

研究種目名 基盤研究(A)
研究課題名 地図史料学の構築―前近代地図データ集積・公開のために― (18202015)
研究期間 平成18年度~平成20年度
研究代表者 杉本史子
研究実績の概要

  • 2008年度
  • 2007年度
  • 2006年度
【2008年度】
①本科研の課題のひとつであった、地図データの公開・蓄積については、東京大学史料編纂所ホームページより、「古地図・絵図所在情報アンケートデータベース」http://www.hi.u-tokyo.ac.jp/collaboration/fruits.html公開を開始した。
また、東京大学・茨城大学・京都府立大学において、刊行物収載の地図情報・地図関係論文情報のデータ三三三八件を入力した。
②本科研の基盤をなす絵図原本調査については、二〇〇八年九月九日・一〇日(調査メンバーのべ三二人)、二〇〇九年一月十四・十五日(調査メンバーのべ三四人)諸分野の専門家による大規模調査団を組織して、国立公文書館幕府献上図についての基礎データを収集した。
③シンポジウムなど
3―1 公開研究集会「近世社会と地図作成」(二〇〇八年七月十一日、東京大学山上会館、小関悠一郎氏「絵図の伝来と史料群―元禄国絵図関連史料について―」、渡辺理絵氏「描写内容からみる城下町絵図の特徴と今後の研究の可能性」、杉森玲子氏「京都・六条寺内の成立と絵図」
3―2 シンポジウム「歴史の中の地図Ⅲ 近代国家形成と地図作成―比較史的視点から」(二〇〇八年七月十二日、於東京大学山上会館、島津俊之氏「内務省地理局の地図作製と国土掌握―近代日本における官庁地理学(OfficialGeography)の一実践―」、ディスカサント山田俊弘氏、飯島明子氏「『地図がつくったタイ』とタイ史の見方」、ディスカサント吉江貴文氏)を開催し、諸分野の研究者と絵図についての意見交換を行った。
④以上の文理融合・諸分野共同の研究成果をふまえ、『歴史学研究』八四一号・八四二号、特集「世界のなかの近世絵図(1)(2)」(二〇〇八年六月・七月号)に、本共同研究メンバー論文一〇本を公開した。