東京大学史料編纂所

HOME > 編纂・研究・公開 > 共同研究 > 前近代人物情報論の構築にむけた花押・筆跡の網羅的収集と汎用的利用に関する研究

研究種目名 基盤研究(A)
研究課題名 前近代人物情報論の構築にむけた花押・筆跡の網羅的収集と汎用的利用に関する研究(17H00921)
研究期間 2017 ~ 2019年度
研究代表者 林 譲
研究目的  歴史学研究においては、正確なテクストの復元とともに、そこに登場する人物を正しく同定し、その地位や立場などを究明することが不可欠の前提となる。人物を見極める手法は多岐にわたるが、当該人物が記した花押(サイン)・筆跡の形象が決定的指標となることは言を俟たない。だがこの方法を有効に機能させるためには、正確な史料批判を踏まえた情報の網羅的収集と、蓄積された情報への参照手段が確立されなければならない。本研究は、東京大学史料編纂所における経験・蓄積に加え、機械学習ほか最新の情報学の手法を援用することで、かかる課題を解決し、人文研究の地盤を強化するとともに、新たな研究の地平を切り開くことを目指すものである。
研究実績の概要
  • 2018年度
  • 2017年度
【2018年度】
昨年度に引き続き、以下の三つの研究ユニットを構成し連携しながら課題 を進めた。
⒜花押・筆跡情報の蓄積スキームの構築研究では、昨年度構築した花押・筆跡の収集・蓄積用インターフェイス「新花押・筆跡DB」の機能的強化・調整を行ったうえで、新規データ一万件余を生成した。また紙媒体で蓄積してきた「花押カード」のうち、室町時代以降分四万件余のデジタルデータへの変換を完了し、メタデータの整備も平行して進めた。なお現用の「花押彙纂データベース」「花押カードデータベース」収載コンテンツ(総計五万点余)につき、新規DB へと統合するためデータ形式の転換など各種調整を進めた。
⒝情報学的解析方法の援用による機能高度化研究では、分担研究者大山航を中心に「花押彙纂」所収の花押画像を対象としてデジタル解析方法の研究を進め、従前に比べ極めて効率的な方法を確立することができた。この成果につては電気・情報関係学会九州支部連合大会および人文科学とコンピュータ学会において賞を授与された。また当該方法論について、史料編纂所と奈良文化財研究所が共同開発した字形自動判読OCRソフト「MOJIZO」へと応用するべく検討に着手した。
⒞歴史的人物情報の統合化と共有にむけた発信方法の研究では、前年度「新花押・筆跡DB」実装した、人物レポジトリとの応答用モジュールにつき、検証を重ねつつ実際の運用に移行した。同モジュールを通じて、花押・筆跡の記主に関する各種情報を参照することが可能となり、正確なデータ蓄積につなげることができた。
備考