東京大学史料編纂所

HOME > 編纂・研究・公開 > 共同研究 > 一四世紀日本における紛争解決過程の変容に関する実証的研究

研究種目名 基盤研究(C)
研究課題名 一四世紀日本における紛争解決過程の変容に関する実証的研究(16K03257)
研究期間 2016年度~2019年度
研究代表者  渡邉 正男
研究目的  裁判前後の地域社会の状況、裁判外の利害関係者・周辺地域社会の動向をも含む、紛争解決過程全体の具体的解明によって、非局所的法に基づく裁判が地域社会の日常的秩序形成・維持構造において果たし得た役割の変化、非局所的法と日常の行動規範との関連性の変化、すなわち一四世紀日本における紛争解決過程の変容を実証的に明らかにすることが本研究の目的である。
研究実績の概要
  • 2017年度
  • 2016年度
【2017年度】
 昨年度に引き続いて、史料編纂所架蔵史料を中心として、13世紀後半から14世紀を対象に、非局所的法に関連する裁判事例の集積を進めた。そのうち13世紀末~14世初頭の「御厨興行令」について、伊勢神宮膝下の伊勢に次いで神宮領が多い尾張・三河の事例を検討し、在地勢力の動向と併せて、その概略をまとめて公表した(愛知県史編さん委員会編『愛知県史 通史編2 中世1』愛知県、2018年)。また、14世紀半ばの「応安半済令」について、東寺雑掌が関与した事例を中心に収集・検討を継続した。その結果、従来採り上げられておらず、かつ関係史料に恵まれ、紛争解決過程全体の具体的解明を方法とする本研究課題に有効と期待される新たな事例を見出すことができた。
 一方、史料編纂所未調査関連史料の調査として、天理大学附属天理図書館・京都大学附属図書館・東山御文庫・白山比咩神社・上野図書館・塔世山四天王寺・三重県総合博物館・法雲院・鹿王院・住心院等において史料の調査・撮影を行った。撮影史料のうち、所蔵者の許可を得られたものについては、史料編纂所図書室から順次公開される予定である。
備考