東京大学史料編纂所

HOME > 編纂・研究・公開 > 共同研究 > 歴史資料としての湿板写真ガラス原板の調査と研究資源化の研究

研究種目名 基盤研究(C)
研究課題名 歴史資料としての湿板写真ガラス原板の調査と研究資源化の研究(16K02994)
研究期間 2016年度~2018年度
研究代表者  谷 昭佳
研究目的  歴史資料としての湿板写真の利活用をはかるためには、ある時点での事実の直接痕跡といえる写真ネガ(原板)に残されている(イメージとしては写っていない)モノ情報をも含めたアーカイブが構築されなければならない。ガラス原板から知られる制作時の状況や製作者に関わる種々の物理的、化学的情報などを丹念に掘り起こし記録することが、湿板写真ガラス原板がもつ高精細画像の研究資源化を図るうえでの必須要件となる。
研究実績の概要
  • 2017年度
  • 2016年度
【2017年度】
 前年度に引き続き日本を記録した湿板写真ガラス原板と関連資料の悉皆的な調査より、写真史料学的な研究の推進をはかった。本年度は主に以下の調査研究と研究成果の公表を行った。
 ①オーストリア所在ガラス原板コレクションの調査・研究・出版:2017年7月、オーストリアへ出張し、オーストリア国立図書館所蔵ブルガーコレクション、アルフレッド・モーザー氏所蔵史料、バートアウスゼー市カンマーホフ博物館所蔵モーザーコレクションの撮影調査を実施した。撮影数は計1036カット。この両コレクションの調査・研究成果をとりまとめ、写真史料集『高精細画像で甦る一五〇年前の幕末・明治初期日本 ブルガー&モーザーのガラス原板写真コレクション―』を2018年3月に刊行した。
 ②東京国立博物館所蔵湿板写真ガラス原板の調査・研究・展示会:2017年8月、東京国立博物館に出張し、壬申検査関係の湿板写真ガラス原板の高精細撮影を行った。撮影数は498カット。撮影したデジタルデータから新たにプリントを作製し、2018年2月27日~3月22日に東京大学史料編纂所展示ホールにおいて、東京大学史料編纂所附属画像史料解析センタープロジェクトおよび一般共同研究に協力し展覧会を開催した。
 ③イギリス所在ガラス原板コレクションの調査・研究:2018年1月~3月、イギリスへ出張し、日本関係写真の所在調査と研究を行った。ビクトリア&アルバート博物館において、スイス人写真家ピエール・ロシエ制作による、開港直後の日本を写したオリジナルの湿板写真ガラス原板ネガのコレクションを発見した。その成果は、2018年4月4日の読売新聞朝刊で報道された。
 ④研究集会の開催:2018年7月15日、東京大学史料編纂所附属画像史料解析センターとの共催により、フランス国立保存研究センター所長(パリ自然史博物館・教授併任)ベルトラン・ラヴェドリン氏を招聘し、公開研究集会「写真資料の保存と学術資源化をめぐって」を開催した。  
備考