東京大学史料編纂所

HOME > 編纂・研究・公開 > 共同研究 > 東アジア儀礼文化の比較史的研究―「物品目録」からの復原的考察―

研究種目名 基盤研究(C)
研究課題名 東アジア儀礼文化の比較史的研究―「物品目録」からの復原的考察―(16K02993)
研究期間 2016年度~2020年度
研究代表者  稲田 奈津子
研究目的  本研究では、東アジアの儀礼関連史料に多数存在する、物品の名称や数量を羅列したリスト(「物品目録」)に注目する。それらの収集・整理をもとに、史料・史跡・遺物の調査をふまえ、礼制・儀礼文化の基礎的研究を軸に、東アジア儀礼文化の総合的な比較研究をおこなうことを目的としている。
研究実績の概要
  • 2018年度
  • 2017年度
  • 2016年度
【2018年度】
本年度は産休・育休のため研究を中断したが、昨年度までの成果を論文や 口頭報告として公表する機会を得たので、以下に概略しておく。
礼制・儀礼文化に関する基礎的研究の成果として、論文「小右記」、「死亡 報告と弔使派遣の展開」および「古代王権と遺詔」を発表した。また本研究 課題に関連の深い中国語論文(劉安志「中古衣物疏の起源と変化」)を、榊 佳子氏に翻訳してもらい、これに解説を附して学術誌に掲載することで、成 果の公開に努めた。さらに東アジア儀礼文化の比較研究の一環として取り組 んだ武寧王陵誌石をめぐる問題について、「日本古代墓誌と韓国、そして武 寧王陵誌石」と題して韓国で研究報告をおこない、同題で韓国の研究誌に論 文として発表した。  
備考