東京大学史料編纂所

HOME > 編纂・研究・公開 > 共同研究 > 東アジア三国(日中韓)関係史料の研究資源化と実践的交流の研究

研究種目名 基盤研究(B)
研究課題名 東アジア三国(日中韓)関係史料の研究資源化と実践的交流の研究(16H03471)
研究期間 2016年度~2019年度
研究代表者   榎原 雅治
研究目的  本研究の目的は、東アジア三国(日中韓)の歴史編纂研究をめぐる国際研究集会の開催に向け、三つの重点テーマ:①王家・貴族の文庫形成と王朝史 編纂の比較研究、②歴史情報の研究資源化研究、③海外所在史料の調査研究に沿った研究を推進し、関連報告を組織して二回の国際研究集会を成功させること、さらに、この国際研究集会を結節点として、対馬藩宗家史料をはじめとする日中韓の対外交流にかかわる史料群のデジタルアーカイヴズ化を推進し、また、帝政ロシア史料群の目録情報研究など、東アジア三国関係史料の研究資源化と公開・共有化を進めること、かかる活動を通じて日中韓における歴史編纂研究の豊かで実質的な研究交流を実現することにある。
研究実績の概要
  • 2017年度
  • 2016年度
【2017年度】
 2017年度は、次年度に中国社会科学院近代史研究所が幹事となって予定される東アジア史料研究編纂機関第6回国際学術会議(理事機関:東京大学史料編纂所・韓国国史編纂委員会・中国社会科学院近代史研究所)に向け、重点的なテーマ研究の実施と国際研究集会での報告準備を進めた。第6回会議では、災害史料の編纂を重点的なテーマとして設定しているため、2017年度は、地震学研究者と連携して、前近代日本の地震史料の収集とデータベースの構築、および歴史地震の事例や典拠史料の史料評価に関する研究を行った。また、豊臣政権下の日明交渉史料の研究を行い、特に明朝が秀吉家臣に官職を授けた文書原本の検討を紙質調査も含めて行うことで、文書の一部が改竄されていることを明らかにし、虚実の錯綜する複雑な外交交渉過程をあぶり出すなどの成果があった。また、基盤研究(S)研究(課題番号26220402)と連携し、ロシア国立歴史文書館から同館が所蔵する東アジア三国(極東)関係史料の解説目録を入手し、研究に供した。東京大学史料編纂所所蔵対馬宗家史料(全3000冊)のうち、江戸藩邸毎日記3698コマをデジタルアーカイヴ化し、ウェブ公開に供した。これは、東アジア三国(日中韓)関係史料の研究資源化と公開・共有化の実現である。また、2016年11月に開催した東アジア史料研究編纂機関第5回国際学術会議国際学術会議の報告集(日中韓三か国語)の刊行準備をおこない、次年度当初に刊行する予定である。 
備考