東京大学史料編纂所

HOME > 編纂・研究・公開 > 共同研究 > 東アジア三国(日中韓)関係史料の研究資源化と実践的交流の研究

研究種目名 基盤研究(B)
研究課題名 東アジア三国(日中韓)関係史料の研究資源化と実践的交流の研究(16H03471)
研究期間 2016年度~2019年度
研究代表者   榎原 雅治
研究目的  本研究の目的は、東アジア三国(日中韓)の歴史編纂研究をめぐる国際研究集会の開催に向け、三つの重点テーマ:①王家・貴族の文庫形成と王朝史編纂の比較研究、②歴史情報の研究資源化研究、③海外所在史料の調査研究に沿った研究を推進し、関連報告を組織して二回の国際研究集会を成功させること、さらに、この国際研究集会を結節点として、対馬藩宗家史料をはじめとする日中韓の対外交流にかかわる史料群のデジタルアーカイヴズ化を推進し、また、帝政ロシア史料群の目録情報研究など、東アジア三国関係史料の研究資源化と公開・共有化を進めること、かかる活動を通じて日中韓における歴史編纂研究の豊かで実質的な研究交流を実現することにある。
研究実績の概要
  • 2018年度
  • 2017年度
  • 2016年度
【2018年度】
   日本・中国・韓国三国の歴史編纂研究をめぐる国際研究集会の開催に向け、本研究課題の3つの重点テーマ:①王家・貴族の文庫形成と王朝史編纂の比較研究、②歴史情報の研究資源化研究、③海外所在史料の調査研究にもとづく研究報告の依頼と準備を推進した。そして、二〇一八年一〇月一五日・一六日に中国社会科学院近代史研究所(北京市)で開催された「第六回東アジア史料研究編纂機関国際学術会議」(理事機関:東京大学史料編纂所・中国社会科学院近代史研究所・大韓民国国史編纂委員会、今回の主催は中国社会科学院近代史研究所)に参加した。同会議では、本課題の代表者・分担者のほか二名に報告を要請し、予稿集の作成に協力した。当日は日本、中国、韓国から各五人の報告者が立ち、東アジアの交渉に関わる史料ついて、A史料のデータベース化に関する課題、B史料の分析に関する課題、C原本史料の保存と修復に関する課題の三つのセッションにおいて報告と討議が行われた。
 各報告者、報告演題については、「第六回東アジア史料研究編纂機関国際学術会議(二〇一八年一〇月一四日~二〇日)報告」を参照されたい。
 また、二〇一六年一一月に東京大学において開催した「第五回東アジア史料研究編纂機関国際学術会議」の報告(日本、中国、韓国各五本)を収めた『アジア歴史資料の編纂と研究資源化』(編集・発行:東京大学史料編纂所、七二九ページ)を出版した。各報告はすべて日本語、中国語、韓国語の三カ国語で掲載されている。翻訳にあたっては三カ国機関の間での緊密な連携を行った。
備考