東京大学史料編纂所

HOME > 編纂・研究・公開 > 共同研究 > 朱印船のアジア史的研究:一六~一七世紀、日本往来の「国書」と外交使節

研究種目名 基盤研究(B)
研究課題名 朱印船のアジア史的研究:一六~一七世紀、日本往来の「国書」と外交使節(15H03236)
研究期間 2015年度~2018年度
研究代表者  松方 冬子
研究目的 本研究は、一六~一七世紀のシナ海域における外交の標準的なあり方として「国書」外交が想定できるのではないか、との仮説のもと、諸事例の比較を行っている。「国書」の概念化はまだ途上であるが、本研究が注目するのは、(外交官ではなく)「手紙」が重きをなす外交においては途中の(使節自身や媒介者による)操作の可能性が大きく、その操作により、送り手・受け手双方が持っている自己中心的な世界観を両立させつつ関係を維持することが可能であったという側面である。また、東アジアでは、「国書」に用いる言語(漢文)が送り手と受け手で共有され、また、「国書」外交が通航管理と密接に結びついて運用されてきた結果、「華夷秩序」が強固にあるように見えていた、との見通しを得ている。
東南アジア大陸部では、一七~一九世紀に「王の書翰」(タイ語で「プララーチャサーン」、クメール語で「プレアリエチサー」)を送っていた痕跡が見られる。日本や中国から「朱印船貿易」「華夷秩序」等として見られていたものが、東南アジア側から見れば独自の慣習に基づいた行為であったとみることが可能である。
研究実績の概要
  • 2018年度
  • 2017年度
  • 2016年度
  • 2015年度
【2018年度】
   本研究は、朱印船を貿易からではなく、それを支えた外交(国書の交換と通航管理)から見ていこうとするものである。
 2018年度は、成果論文集『国書がむすぶ外交』(東京大学出版会、2019年)を刊行した。また、古川祐貴・岡本真・松方冬子「日本―朝鮮・西欧・台湾鄭氏往復外交文書表― 16世紀末~19世紀初頭における―」、レオナルト・ブリュッセイ(橋本真吾訳、松方冬子校閲)「東アジアにおけるオランダ東インド会社の盛衰― 1640~60年代のオランダ商館日記に関する省察」(ともに『東京大学史料編纂所研究紀要』19年3月)も発表した。さらに、蓮田隆志を中心に「特集:朱印船貿易・南洋日本町地図の再検討」(『環日本海研究年報』24号、19年3月)も発表した。
 2018年6月7日、朱印船科研第13回研究会「Practices of Diplomacyn the Early Modern World を読む」、10月10日同第15回研究会「Global Gifts を読む」、11月6日同第16回研究会「Russia and CourtlyEurope を読む」を開催した。
 2019年2月19日~21日、タイ・チュラロンコン大学文学部歴史学部との合同ワークショップ “Correspondence between Crowns: Asian DiplomaticPractice in the 17th-19th Centuries” を開催した。報告ラインアップは以下の通り。
Bhawan Ruangsilp (Chulalongkorn University), “Politics of the Letters inAyutthaya’s Diplomatic Practice”Kanako Kimura (Nagoya University), “The King of Ayutthaya’s GoldenLetter to the Ming Emperor”
Dhiravat na Pombejra (formerly Chulalongkorn University), “The King ofSiam’s 1622 “speech”: diplomatic correspondence between King Songthamand the English East India Company”
Akiko Harada (Keio University), “Correspondence between Siam and theVatican in the Seventeenth and Nineteenth Century”
Takashi Hasuda (Ritsumeikan Asia Pacific University), “Between tradeand diplomacy: Adoptive son in the Japan-Vietnam relationship during theearly seventeenth century”
Peter Borschberg (National University of Singapore), ‘Diplomatic lettersof the Malay World (16th and 17th Centuries’
Hiroshi Kawaguchi (Aichi University), “Siam-Vietnam Relations in theReign of Rama I from a Broader Regional Perspective: The Exchange ofEnvoys and Letters between Siam, Vietnam, Burma and the Qing”
 なお、本研究は三菱財団人文科学研究助成による研究「朱印船のアジア史的研究」と連動して活動している。同研究も含めた、活動の全貌については、下記のサイトを参照されたい。
http://www.hi.u-tokyo.ac.jp/personal/fuyuko/kaken/shuinsen.html
備考