東京大学史料編纂所

29 岡山県所在幕末維新期史料の調査

 二〇一八年十一月二十六日から二十九日にかけて、津山郷土博物館・津山洋学資料館・岡山大学附属図書館に赴き、津山藩(松平家、愛山文庫)・岡山藩(池田家文庫)等の藩政文書や洋学者の関係文書等に含まれる、幕末維新期の史料の調査を行った。本調査にあたっては、津山郷土博物館の梶村明慶氏、津山洋学資料館の田中美穂氏、岡山大学附属図書館調査相談グループの方々から特段のご高配を賜った。厚くお礼申し上げたい。目録としては、津山郷土博物館編刊『愛山文庫目録 津山松平藩文書の部』(『津山郷土博物館紀要』第三号、一九九一年)、市立津山郷土館編刊『愛山文庫目録 和書・漢籍の部』(『津山郷土館報』第十六集、一九八四年)、津山洋学資料館「収蔵資料目録」(http://www.tsuyama-yougaku.jp/syuuzou.html)、岡山大学附属図書館「池田家文庫マイクロフィルム目録データベースシステム」(http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/ikedake/micro/ja)を参照した。
〈中略〉
(小野将・杉本史子・箱石大・保谷徹・水上たかね・横山伊徳)


『東京大学史料編纂所報』第54号