東京大学史料編纂所

27 高野山清浄心院所蔵過去帳の調査・撮影

 十一月二八日~三〇日、高野山清浄心院に出張し、同寺所蔵過去帳類のうち中世末期~近世初期のものを調査・撮影した。大日本史料第十二編之六二冊における元和九年三月二〇日上杉景勝死歿条の関係史料調査として行った。本史料に関しては、『奥羽地方における宗教勢力展開過程の研究』(研究代表今井雅晴、平成一二年度~平成一五年度科学研究費補助金(基盤研究B(2))研究成果報告書、二〇一四年)、山本隆志・皆川義孝「史料紹介 高野山清浄心院蔵「越後国供養帳」」(『上越市史研究』9号、二〇〇四年)、山本隆志「史料紹介 高野山清浄心院「越後過去名簿」(写本)」(『新潟県立歴史博物館研究紀要』第9号、二〇〇八年)等による研究・紹介があり、これらを参照しつつ「越後日月牌過去帳」をはじめとして東日本のものを中心に調査した。清浄心院において御担当の門谷氏・長尾氏にはひとかたならず御世話になりました。記して感謝申し上げます。
(小宮木代良・及川亘・石津裕之)


『東京大学史料編纂所報』第54号