東京大学史料編纂所

20 泉涌寺および別院・塔頭文書の調査・撮影

 二〇一九年一月、京都市泉涌寺宝物館・京都国立博物館に出張し、泉涌寺 文書および今熊野観音寺文書・雲龍院文書の調査・撮影を行った。今熊野観 音寺文書は泉涌寺宝物館寄託分の中世文書全点、雲龍院文書は京都国立博物 館寄託の文書全点と、泉涌寺宝物館寄託分のうち中世から近世前期に関わる 文書を調査・撮影した。史料所蔵者各位及び調査に際して便宜を図っていた だいた羽田聡氏、西谷功氏に厚く御礼を申し上げる。
 撮影史料は以下の通り(括弧内は『泉涌寺史 資料篇』の文書番号)。
 〈中略〉
(高橋慎一朗・小瀬玄士・林晃弘)


『東京大学史料編纂所報』第54号