東京大学史料編纂所

36.西大寺所蔵文書・記録・聖教の調査・撮影

二〇一六年二月十五日より十九日まで奈良市西大寺芝町一丁目一─五、真言律宗総本山西大寺に出張し、同寺所蔵文書・記録・聖教を調査・撮影した。本年度は聖教第四三函(第一~一二号)・第四四函(第一~四六号)第四六函(第一~三六号)、第四七函(第一~八・一〇・一一号)、文書第一〇五函(第四二号)・第一〇八函(第一~一六号、箱蓋)、記録第一二三函(第一~二四号)・第一二四函(第一〜二四号)・第一二六函(第九・一一~二三号)・第一二七函(第三一〜三四号)を撮影した。文書・記録については、マイクロ撮影は既に終えているが、ボーンデジタルで撮影し直した。補修を要するものとして借用していたうち、西大寺日記六冊(第一四三函第六~八・一〇・一二・一三号)と至徳二年十一月乾一族等連署約諾状(第一〇三函第二二号)について、修補・調査・撮影を終え、返却した。
(近藤成一・山口英男・渡邉正男・西田友広・小瀬玄士・高島晶彦・谷昭佳・高山さやか)


『東京大学史料編纂所報』第51号