東京大学史料編纂所

12.荘園絵図の原本調査

 『日本荘園絵図聚影 釈文編二』(中世一)編纂のため、二〇一六年二月二日、滋賀大学経済学部附属史料館に於いて、滋賀県長浜市西浅井町菅浦自治会所蔵「近江国菅浦与大浦下荘堺絵図」の原本調査を行った。今回は、特に絵図の彩色部分について、デジタルマイクロスコープによる拡大画像の観察・撮影を行った。調査結果については、荘園絵図聚影釈文編解説、および科研基盤研究(A)「画像解析と歴史・地理情報の高度活用に基づく荘園絵図の総合的研究」(二〇一二~一五年度)(研究代表者榎原雅治)で報告する予定である。
(村岡ゆかり・西田友広・高橋敏子)


『東京大学史料編纂所報』第51号