東京大学史料編纂所

4.米沢市上杉博物館及び市立米沢図書館における米沢藩主上杉氏関係史料の調査・撮影

 二〇一五年一二月一七日より一九日まで、米沢市上杉博物館および市立米沢図書館において米沢藩主上杉氏関係史料の調査・撮影を行った。
 米沢市上杉博物館においては、同館収蔵「上杉家文書」のうち、以下の史料を調査・撮影した。
  ◆赤箪笥(乾)入文書
  ヲ印
  ◯九三六 (年月日未詳)河中島合戦図   一枚
  ◆赤箪笥(坤)入文書
  第九抽斗
  ◯第九号外包
  ◯一四六〇 (一)(年月日未詳)上杉氏代々判鑑(袋綴)一冊
  ◯一四六一 (二)(年月日未詳)上杉氏代々判鑑(袋綴)一冊
  ◯一四六二 (三)(年月日未詳)上杉氏代々判鑑(袋綴)一冊
  ◯一四六三 (四)(年月日未詳)上杉氏代々判鑑(袋綴)一冊
  ◯一四六四 (五)(年月日未詳)上杉氏代々判鑑(袋綴)一冊
  ◆〔御両掛入文書〕
  第二抽斗
  ◯第六号外包
  ◯一五七六 (一) 元和九年三月九日上杉景勝自筆遺言状
  ◯一五七七 (二)(元和九年三月カ)上杉景勝自筆遺言状
  ◯一五七八 (三)(元和九年三月カ)上杉景勝自筆遺言状
  ◆〔精撰古案両掛入文書〕
  第一抽斗 第六号外包中
  ◯一六五二 (六)(元和九年)三月朔日徳川秀忠御内書〈米澤中納言宛〉
◆黒塗掛硯箱入文書
  ◯(一)自永正十八年二月日至(慶長五年)九月廿四日 上杉定勝自筆
古案集(綴葉装七綴)一冊
  ◯(二)自享禄四年正月日至寛永十一年八月三日 上杉定勝自筆古案集
(綴葉装六綴)一冊
  上段二
  ◯(三)天正三年軍役帳写外聞書類 全(綴葉装三綴)一冊
  ◯(四)軍敗之内集(綴葉装三綴)一冊
◯(五)軍鑑集(綴葉装七綴)一冊
  下段三
  ◯第一号外包((一)(二)を包む)
  ◯第(一)包紙
  ◯(六)押前ノ日記
  ◯(七)上杉景勝覚書
  ◯(八)御本陣構ノ図
  ◯(九)御本陣御備立ノ図
  ◯(一〇)天正十九年 仙北増田城攻ノ図
  ◯(一一)(年未詳)十二月二日 徳雲軒性福書状
  ◯第(二)包紙
  ◯(一二)上杉定勝覚書(一 くくりづきん)
  ◯(一三)上杉定勝覚書(馬上 五百騎)
  ◯(一四)上杉定勝覚書(一 七手組頭之事)
  ◯(一五)上杉定勝覚書(高橋 山田)
  ◯(一六)上杉定勝覚書(覚 一 五十衆)
  ◯(一七)上杉定勝覚書(一 馬廻ノサイハイノ事)
  ◯(一八)上杉定勝覚書(只見次郎左衞門)
  ◯(一九)上杉定勝覚書(覚 一 信濃ノ飯山ニ)
  ◯(二〇)上杉定勝覚書(正未戊辰)
  下段四
  ◯第(三)包紙
  ◯(二一)上杉定勝覚書(覚 一 大歳)
  ◯(二二)上杉定勝覚書(覚 一 御甲具足)
  ◯(二三)上杉定勝覚書(覚 一 一手之者)
  下段五
  ◯第(四)包紙
  ◯(二四)上杉定勝聞書(実見ノ巻)
  ◯(二五)上杉定勝聞書(夜打之巻)
  ◯(二六)上杉定勝聞書(城責ノ巻)
  ◯(二七)上杉定勝聞書(作法之巻)
  ◯(二八)上杉定勝聞書(吉凶之巻)
  ◯(二九)上杉定勝聞書(物見ノ巻)
  ◯(三〇)上杉定勝聞書(凡興軍)
  ◯(三一)上杉定勝覚書(覚 一 萬事心得之事)
  ◯第(五)包紙
  ◯(三二)上杉定勝自筆閉本(綴葉装二綴)一冊
 市立米沢図書館においては、「千坂家文書」中の上杉定勝書状五三通、および「坂家所蔵文書」の近世初期史料三〇点を中心に調査・撮影した。
 米沢市上杉博物館の角屋由美子氏・阿部哲人氏、および市立米沢図書館の青木昭博氏には、調査に際してひとかたならず便宜をお図りいただき、大変お世話になった。記して謝意を表する。
(佐藤孝之・小宮木代良・及川 亘・金子 拓・黒嶋 敏)


『東京大学史料編纂所報』第51号