東京大学史料編纂所

2.酒井家文書の調査・撮影

 二〇一六年三月二八日から二九日にかけ、公益財団法人致道博物館(山形県鶴岡市家中新町一〇─一八)に出張し、同館所蔵「酒井家文書」および酒井家関係家譜の調査およびデジタルカメラによる撮影を行った。撮影史料は左記のとおり。(括弧内の算用数字は、致道博物館編『出羽庄内酒井家文書目録』の番号)
(天正十一年)三月五日    酒井忠次書状   (一幅)(1)
(天正十一年)五月二十八日  酒井忠次書状   (一幅)(2)
  ※右の二通で一幅
天正十三年十二月二十八日   酒井忠次判物写  一通(3)
嘉永七年六月二十八日     御判物入記    一通
天正十三年十二月二十八日   酒井忠次判物写  一通(4)
(天正十五年)六月二十四日  酒井忠次書状   一幅(5)
二月十二日          酒井忠勝書状   一幅(6)
二月二十五日         酒井忠勝書状   一幅(7)
永禄二年八月二十八日     今川義元朱印状  一通(8)
(永禄十二年)五月二十四日  北条氏政書状   一通(13)
永禄七年六月二十二日     徳川家康判物写  二通(9)
永禄七年六月二十二日     徳川家康判物写  一幅(10)
永禄七年六月二十二日     徳川家康判物   一幅(11)
(永禄十二年)二月二十三日  山県昌景書状   一通(12)
天正十年七月十四日      徳川家康判物   一幅(14)
天正十年七月十四日      徳川家康判物写  二通(15)
天正十年七月十四日      徳川家康判物写  一幅(16)
天正十八年二月六日      豊臣秀吉朱印状  一通(17)
十二月二十三日        徳川家康朱印状  一通
六月六日           直江兼続黒印状  一幅
酒井家系図                   一巻(542)
長篠戦場図                   一舗
長篠合戦絵図                  一舗
御系譜参考巻一から巻四(八冊のうち)       四冊(541)
御世記起原                   一冊
同右                      一冊
一智公御世紀(一から三・附録)          四冊
 所蔵史料撮影の許可を与えられ、調査についての便宜をお図りいただいた致道博物館、同館学芸員菅原義勝氏に厚く謝意を表する。なお本調査は、共同研究拠点特定共同研究「関連史料の収集による長篠合戦の立体的復元」によるものである。
(遠藤珠紀・金子 拓・黒嶋 敏)


『東京大学史料編纂所報』第51号