東京大学史料編纂所

8.文化財新指定品撮影

 平成二六年度新指定重要文化財のうち、左記の重要文化財につき、所蔵者の承諾を得て、平成二七年(二〇一五)五月一二日、東京国立博物館文化庁分室において、写真撮影ならびに調査を行った。なお、武田科学振興財団所蔵『啓迪集』については、後日調査する機会を得た。後掲「武田科学振興財団所蔵『啓迪集』の調査」を参照されたい。
  後伏見院庁諷誦文 一幅 (大阪府 大阪青山学園)
  北野西京神人文書(九十九通)のうち (京都府 北野天満宮)
  (以下調査)
  慈鎮和尚伝 一巻・後白河院庁下文 一巻 (京都府 大谷大学)
(川本慎自・高山さやか・谷 昭佳・山家浩樹・林 譲)


『東京大学史料編纂所報』第50号