東京大学史料編纂所

16.京都府所在中世史料の調査・撮影

二○一三年五月一六日、京都府京都市京都市歴史資料館に出張し、所在史
料の調査・撮影を行った。撮影史料は以下の通り。
〔和田文書〕
(永禄八年カ)       一乗院覚慶書状
(永禄八年)八月十四日   前波吉継書状
(永禄八年)八月廿六日   畠山尚誠書状
(永禄八年)十月十六日   河田長親書状
(永禄八年)十一月廿日   松平家康書状
(永禄八年)十二月廿一日  一乗院覚慶御内書
(永禄八年)十二月廿九日  一乗院覚慶御内書
(永禄九年)卯月十八日   足利義秋御内書
(永禄九年)六月十一日   足利義秋御内書
(永禄九年)七月十八日   仁木長頼書状
(無年号)十月廿六日    鴨脚豊前守書状
※『京都市歴史資料館紀要一』参照
なお当日は、京都市歴史資料館宇野日出生氏にはたいへんお世話になっ
た。記して謝意を表する。 
(末柄 豊・川本慎自・村井祐樹)


『東京大学史料編纂所報』第49号