東京大学史料編纂所

60.オーストリア共和国所在日本関係古写真等の調査・撮影

二〇一一年九月二六日から一〇月四日にかけて、オーストリア共和国バー
トアウスゼー市に出張し、カマーホフ博物館でのモーザー・コレクションの
調査・撮影をおこなった。参加者は、箱石大・谷昭佳・高山さやか・田中里
実助教(日本大学)の四名である。また現地では、共同研究員ペーター・パ
ンツァー名誉教授(ボン大学)・宮田奈々氏(同)に再び調査協力をあおいだ。
三菱財団人文助成研究(研究代表者:保谷徹)と古写真研究プロジェクト
(同)による合同調査である。
六月に古写真研究プロジェクトでおこなった調査の継続である。その後、
近郷アルトアウスゼーのモーザー子孫宅から移送されたガラスネガ原板など
を調査・撮影した。加えて、バートアウスゼーで写真館を開業した後に撮影
された写真類や前回調査資料の部分(拡大)撮影などをおこなった。
また、直系の御子孫でもあるアルフレッド・モーザー氏の所蔵史料の調
査・撮影をおこなった。
(保谷 徹・箱石 大・谷 昭佳・高山さやか)


『東京大学史料編纂所報』第47号