東京大学史料編纂所

HOME > 編纂・研究・公開 > 所報 > 『東京大学史料編纂所報』第43号(2007年)

秋田県公文書館所蔵元禄家伝文書の調査・撮影

 二〇〇七年一〇月二五日から二七日にかけ、秋田県公文書館(秋田県秋田
市山王新町一四―三一)に出張し、同館所蔵「元禄家伝文書」の調査および
マイクロフィルムによる撮影を行った。
 撮影したのは、昨年度の続きにあたる「糸井氏先祖承伝候覚書」〔整理番
号A二八八・二―一〇三六〕から「(大森)口上之覚」〔同A二八八・二―一
三三七〕までの総計三〇二点である。
 所蔵史料撮影の許可を与えられ、調査についての便宜をお図りいただいた
秋田県公文書館、同館古文書班畑中康博氏に厚く謝意を表する。
                              (金子拓・黒嶋敏)


『東京大学史料編纂所報』第43号p.50