東京大学史料編纂所

HOME > 編纂・研究・公開 > 所報 > 『東京大学史料編纂所報』第42号(2006年)

正倉院文書調査

二〇〇六年度の正倉院文書調査は、一一月一三日~一七日の五日間、宮内
庁正倉院事務所(奈良市雑司町)に出張し、同保存課修理室において原本調
査を行った。本年は、続々修第一帙~第四帙(合計四八巻)について、料紙
構成、断簡の接続関係等を中心として調査し(三年目)、『正倉院文書目録』
六・続々修一(二〇〇八年度刊行予定)の原稿作成を行った。
正倉院文書閲覧の許可を与えられ、調査・研究に関して便宜をお図りいた
だいた宮内庁及び正倉院事務所に厚く謝意を表する。

                  (石上英一・加藤友康・山口英男・田島公・稲田奈津子)


『東京大学史料編纂所報』第42号p.120