東京大学史料編纂所

58.香川大学附属図書館・香川県立文書館所蔵史料の調査

平成一八年三月一八日から二〇日の三日間、香川大学附属図書館及び香川県立文書館に出張し、近世のものを中心とする史料調査を行った。
【香川大学附属図書館】
同館には、香川大学の初代学長であった神原甚造氏により寄贈された旧蔵書が、「神原文庫」としてコレクションされている。その中には原史料も含まれており、今回は左記の史料につき閲覧し、調書を作成した。10の史料については、マイクロフィルムからの複写を蒐集した。
1、ゆずり状之事 (元和八年三月十一日 竹岡光重筆)
2、公文所日記抜粋 (寛文二年)
3、院中言渡廻文留 (文化一四年)
4、京都御所二条洛中洛外江戸大坂諸国雑録 (文政二年)
5、飛鳥井雅章卿真筆
6、葉室頼重書状 (孝姫宛)
7、勧修寺高顕書状 (宛所未詳)
8、水戸宰相書状 (尾張中納言宛、三通一巻)
9、修史材料捜索復命
10、帝室日誌編輯資料抜抄書類
【香川県立文書館】
 同館に寄託されている「正木家所蔵文書」の中から、左記の近世史料を閲覧し、調書を作成した。
1、二条家日記 (宝永元年)
2、二条家日記 (文政五年)
3、近衛忠房等三摂家小除目勅答書 (慶応三年九月二七日)
4、西四辻公業任侍従申文
5、西四辻公業任侍従家例書出
(松澤克行)


『東京大学史料編纂所報』第41号