東京大学史料編纂所

HOME > 編纂・研究・公開 > 所報 > 『東京大学史料編纂所報』第38号(2002年)

佐賀県立図書館所蔵幕末維新関係史科調査

 維新史料室では、78年に、佐賀県立図書館に架蔵される佐賀鍋島藩藩政史料を調査した(『所報』14号参照)が、今回は、それに引続き同館に架蔵される佐賀本藩、および支藩史料から、前回までの調査に洩れた史料を中心に、幕末期の対外関係史斜・戊辰戦争期史料について調査を行なった。特に蓮池鍋島文庫の東西報間については、十九世紀前半全体にわたる内容を含み、対外関係史科を多く含むことが『蓮池鍋島家文庫目録』から判っていたので、重要視した。
(中略。調査史料は蓮池鍋島文庫・千住西亭資料・秀島文書・北方峰家文書・草場家所蔵書翰史料。)

                   (小野 将・杉本史子・箱石 大・保谷 徹・柗澤裕作・横山伊徳)


『東京大学史料編纂所報』第38号p.96