東京大学史料編纂所

HOME > 編纂・研究・公開 > 所報 > 『東京大学史料編纂所報』第38号(2002年)

春日大社所蔵史料の調査・撮影

 二〇〇二年九月十七日~二十日および二〇〇三年二月十七日~十九日の間、奈良市内に出張し、春日大社所蔵史料の調査・撮影を行った。調査は春日大社のご高配のもと、宝物殿主任学芸員松村和歌子氏にご対応いただいた。ここに謝意を表す。昨年度に引き続き、目録外の祐国記・祐恩記・祐磯記・祐途記等を整理しつつ、撮影を終了した。焼付未了のため、目録等の報告は次年度以降に委ねる。

          (金子 拓・及川 亘・伴瀬明美・村井祐樹・藤原重雄)


『東京大学史料編纂所報』第38号p.94