東京大学史料編纂所

HOME > 編纂・研究・公開 > 史料調査 > 『東京大学史料編纂所報』第38号(2002年)

『明月記』断簡及び写本の調査

 二〇〇三年三月二五日・二六日、石川県石川郡美川町呉竹文庫・石川県立 図書館・金沢市玉川図書館近世史料館に出張し、『明月記』断簡及び写本を 調査した。その書目・架番号・点数は以下の通りである。
【呉竹文庫】
○『明月記』断簡(原本、建保元年十月六日条)          一軸
 ※石川県立図書館所蔵の『(金沢市)於翠亭・松田清兵衛両家所蔵品入札 目録』(昭和九年五月、金沢美術倶楽部)図版一○にも、この断簡の写真 が掲戟されている。
【石川県立図書館】
○『明月記』(歌道事)八三一/二四 ※江戸写          一冊
【金沢市玉川閤杏飴近世史科蝕】穆堂文庫本
○『明月記」(歌道事)〇九一九/四六三 ※江戸写        一冊

                              (尾上陽介)


『東京大学史料編纂所報』第38号p.52