東京大学史料編纂所

HOME > 編纂・研究・公開 > 史料調査 > 『東京大学史料編纂所報』第37号(2002年)

醍醐寺所蔵史料の調査・撮影

 二〇〇一年八月十七日より二十一日までの五日間、京都市伏見区醍醐寺に出張し、継続事業として第四〇一函、第四〇五函、第四〇六函の文書・聖教を調査し、マイクロフィルム撮影を終了した。
(保立道久・吉田 成・谷 昭佳・本郷和人・高橋慎一朗)


『東京大学史料編纂所報』第37号p.54